こちらシン・ゴジラのボタンをクリックしてもらえると、ブログランキングで周知力が上がりますのでよろしくお願いします。

そして、いつもツイッターで拡散頂いている方には本当に感謝しております。




帝国データバンクは今後について「コロナ融資は今年から返済が本格化し、長引くコロナ禍で業績回復が遅れている中小・零細企業にとって大きな重荷となってきた。返済原資のない中小企業のあきらめ倒産増が懸念される」としている。


いくら財務省から弱みを握られてプライマリーバランスを強化することに必死になっているカルト自民党ですけども、ちょっとひど過ぎやしませんかね。

財務省から何の弱みを握られているかといえば、
中国からのソーラーパネル企業やIRカジノ企業からの不正な献金の尻尾を握られていたりするんでしょうけども、そして売国政策としては統一教会や笹川財団が儲かるように規制緩和をしたいということなんでしょうけど。

国民が経済苦でいなくなっては、国民が経済を回せなくなっては、日本の政治家が世界で笑われるだけですから、ちゃんと助けましょうよ。

それでも自民党の議員様は、外資の献金と統一教会の固定票割り当てがあれば満足ですか。
なるほど。

20220608t1-728x468




2022年5月までに判明したコロナ融資後倒産は、累計で323件判明し、初めて発生が確認できた2020年7月から約2年で300件を突破した。
当初は1カ月で平均2件前後の発生にとどまるなど少数で推移したものの、コロナ禍から1年目が経過した21年2月以降は10件を上回るペースで推移。2年を迎えた2022年3月以降は月間30件を超え、5月は月間最多となる41件に達した。
この結果、コロナ融資後倒産は最初の発生から100件まで1年1カ月後を要したのに対し、200件までの到達期間は6カ月と、コロナ融資後倒産の発生ペースが加速している。
実際の融資額が判明した約110社の1社あたりのコロナ融資借入額平均は約6100万円だった。当初は政府系金融機関によるコロナ融資の借り入れが中心だったものの、2022年以降は銀行や信用金庫など民間金融機関から借り入れた企業の倒産が目立つという。
また、全体のコロナ融資総額は推計で197億300万円にのぼり、負債総額のおよそ1割を占めた。

最近は企業倒産や店舗縮小などのニュースをよく見かけるようになりました。
理由としては、コロナで売り上げが減少したのは致し方がないのはみんなわかっていること、ですが株主の圧力で、大企業などは自社株や配当金などに内部留保を使い、社員の給料をどんどん下げているのが実態で、規模を縮小し、日本人社員を解雇し、その反面非正規で採用したり、はたまた移民労働を利用して、何とか乗り越えようとしてきました。

今この時期に、雇用助成金も今後はカットしていくと統一教会自民党は宣言しましたけれども、コロナ患者が増大して、感染しても三浦瑠麗はテレワークで働かせなさいといいましたけれども、働いたことのない経済も理解していな文字も読めない「コ臭いセージガクシャ」が労働や社会について語らないでいただきたい。

そして、一番の問題は、飲食店などは維持費を返済できなかったらもう終わりなんですね。
その借金をなんとかコロナ明けに挽回しようと、政府の金貸しに借りて、何とか返済を待ってもらえないかお願いしていたわけえすけども、今年から「早よ払えや」と催促が始まったそうです。

壺をさらに融資してもらって買えば許してもらえるでしょうか。

なんて冗談を言っている間に、毎分レベルで飲食店は倒産している。
実力がない、まずいものを作っている、サービスが低下している、経営能力がない、
だったらわかりますが、例えば大規模ファミレスチェーンなどは、倒産まではしていないが、店舗を半分以上も減らしております。

どれだけの従業員が職を失ったんでしょうか。
これも雇用調整助成金が止められたからですね。

そして、自由貿易に頼ってきたツケで、エネルギー高騰、資源高騰、小麦大豆輸入に伴う食品原価の高騰により、借金を返済する以前に売り上げ低迷がとめどなく襲ってくる。

もうあれから3年が経っているのに挽回する景気も兆しもない。膨らむ財務省・自民党への借金。

政府は国民に金を配るのではなく金を奪うものだと、国民全員が認識した。

だから統一教会問題で国民から今までにない程批判を受けているんだよ、保守というものを理解していない傀儡ネトウヨ壺信者ども。

国民はこの不条理な政党に対してもがいているんですよ。そのうねりをなんとか下支えしていきたいと思っています。でないと、この国はこのまま急速に中国の属国になってしまいます。

林が悪いだとか二階がわるいだとかではなく、自民党の議員がすべてダメなんだって。

ほら茂木が統一教会に関わった議員はやめてもらうといった舌の根も乾かない間に林の統一教会関係の事実の報道が流れても、茂木はシェイシェイって笑っているだけですから、もう自民党に政治をやらせること自体が、日本を破壊しているんです。

チンパンジーに銃を持たせて笑っていたら、そこらじゅうに乱射し始めて虐殺されたというのが、中曽根、小泉、そして安倍晋三から続く日本の政治の今なんです。

ということで、日本の経済成長率が世界に比べてどれだけ鈍化しているかがわかるグラフを貼って終わりにします。

l_kmishima_sme2_5_w590












自民党と戦えとは言わないですが、せめて選挙に行って何をすべきかってことですね。国民が民主制国家で唯一悪政と戦える方法はなんですか?

ですが、民主制国家が落ちぶれる根本は、国民が大衆と化して、政治が大義のために信念を貫く意味がなくなるという成れの果てなわけですから、今更嘆いても仕方がないわけですが。


==大衆から抜け出すための本を紹介==




中野さんの新刊出ましたね。社会科学を学べます。いま官僚制や合理主義について早速欲しかった情報が学べております。



すべての経済に関わるもの、為政者に読んでいただきたいですね。あ、志が高くないと途中で読むのやめてしまうかもです。地政経済学で世界関係を推し量る人が増えました。ナショナリズムというものを学ぶにはこの一冊。




公と民の関係性と為政者の哲学、国民統合一致団結、プラグマティズムな考え方で根本を理解できるようになるからこの本は不思議です。私自身もこの本によりいろんなことが見えてくるようになりました。一番読んで欲しい本かもしれません。




マキャベリズム、専制政治、民主主義、解放ではなく自由、個人主義ではなく個人の尊厳、それらを履き違えた全体主義、そういった人間と共同体の根本を問いながら、戦争の戦術と人間の駆け引きと、世界とはこうやって動いているという歴史の累積をまざまざと見せつけられる。
私はアマゾンプライムでどハマり中です。ラインハルトとキルヒアイスとヤンウエンリーに会いたい。




経済を語るなら最低限理解しておくべき本になりました。
ただありがちな翻訳がいまいちなんだという声がちらほら。


こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。ご協力よろしくお願いします。


人気ブログランキング