こちらシン・ゴジラのボタンをクリックしてもらえると、ブログランキングで周知力が上がりますのでよろしくお願いします。

そして、いつもツイッターで拡散頂いている方には本当に感謝しております。

まずはじめに
政教分離がなぜ絶対なのか、それは
「教典の存在する宗教は神が絶対であり何よりも優先される。その絶対的価値観によって成り立つものである一方、民主主義は多数決など総体的価値観によって成り立つものであり、宗教の価値観と民主主義の価値観は一緒には成り立たない。」からである。



スクリーンショット 2022-08-10 1.40.14

さて、
統一教会関係者を閣僚に入れないということですが、以下の統一教会濃厚接触者リストをみてみますと、以下の国家観のない議員が、また閣僚として選ばれています。

とりわけやばいのが選ばれてますね、しかも頭の悪いネトウヨと言われる勝共連合がものすごく応援している人たちです。


麻生太郎 副総裁 (日韓トンネル推進議員代表)
高市早苗 経済安全保障
萩生田光一 政調会長 

高木毅 国対委員長
加藤勝信 厚生労働
山際大志郎 経済再生

しかし萩生田は岸部シローにそっくりですね。こいつは経産省のトップとしてどれだけ経産省のやろうとしている新機軸の政策を潰してきたんでしょうか。文科省のときも態度は悪かったですが、そういう振る舞いが、国民に「暑さは気合いで我慢しろ」と節約を強制できるわけです。
その前にエネルギー開発に投資をしろよ、貴様イキがるなよ。

いずれも重要なポストですが、もう誰がクロだのシロだのというよりは、この自民党という政党が、統一教会組織票を第一に考えてい他という事実は暴露されているわけですので、全員真っ黒なのは間違いございません。

例えばですよ、
選挙に勝ちたいという理由で、統一教会の壺をたくさん売って、東京一極集中で孤独で共同体を壊され、経済的にも低迷して、社会保障費も削るこの国において、精神的に弱っている人が騙され、選挙運動の労力だったり、ねずみこうをさせられたり、高い壺を買わされ、借金まみれで自殺までする。
そんな不幸な国民を増やすために、カルト宗教団体とがっちりタッグを組んで、利害関係で一致している議員がこのリストに載っているわけじゃないですか。違うなら、知らなかったのなら、そんな無知で危機管理能力がない人間が政治家をやっていることも、相当まずいと思いますけど。なので確信犯なんです。わかっていてやっているんですよ。犯罪者と変わりありません。そんな国賊どもがですよ、


国民の命のために頑張るわけがないですよね?
国民のためにエネルギーを提供するなんてするわけないですよね?
国民のために消費税を廃止するわけないですよね?
国民の生活を豊かにするために経済政策を立て直すわけがないですよね?
国民を守るために防衛なんてしませんよね?


「今を耐え凌げば、お盆を過ぎれば国民は忘れる」
って、ある自民党議員がとある記者に本音を語ってリークされましたけども、

いやー、自民党ってのは、本当に国民を馬鹿にしているってのがはっきりわかんだね。

岸田も言っている通り、今は国家存亡の時ですが、その自覚がないということがこの人事ではっきりわかったとおもいます。そしてこれによりわかったことは、必ず国家存亡の危機が目の前に見える形で現れたら、彼らは真っ先に国民を蹴落として逃げるってことを、この内閣人事で見せつけてくれたわけです。



スクリーンショット 2022-07-27 1.54.58




自民党と戦えとは言わないですが、せめて選挙に行って何をすべきかってことですね。国民が民主制国家で唯一悪政と戦える方法はなんですか?

ですが、民主制国家が落ちぶれる根本は、国民が大衆と化して、政治が大義のために信念を貫く意味がなくなるという成れの果てなわけですから、今更嘆いても仕方がないわけですが。


==大衆から抜け出すための本を紹介==


NHKの100分de名著という番組で紹介された一文を紹介すると、
そして大衆は「みんなと同じ」だと感じることに苦痛を覚えないどころかそれを快楽として生きている存在だと分析するオルテガ。彼らは急激な産業化や大量消費社会の波に洗われ、みずからのコミュニティーや足場となる場所を見失い、根なし草のように浮遊を続ける。他者の動向のみに細心の注意を払わずにはいられない大衆は、世界の複雑さや困難さに耐えられず、やがて自分とは異なる他者を排除し始める



楽しく読むだけでアタマがキレッキレになる 奇跡の経済教室【大論争編】

奇跡シリーズ予約した方は今日から発送されるそうですー。今回はすぐ読もうと思っています。まだ変異する資本主義途中だけど・・

変異する資本主義

以前彼の公開セミナーで、いくら経済政策が変わろうとも積極財政になってもコーポレートガバナンスの問題点つまり株式至上主義の富の独占について質問させていただいた時、これとも戦っていかなくてはならないんですよね。とおっしゃっていたわけですが、彼が言論を発するということは、小さいビッグバンが起きるということなのかもしれませんね。いろんな人が気づき始めました。

富国と強兵

すべての経済に関わるもの、為政者に読んでいただきたいですね。あ、志が高くないと途中で読むのやめてしまうかもです。地政経済学で世界関係を推し量る人が増えました。

日本思想史新論―プラグマティズムからナショナリズムへ (ちくま新書)

公と民の関係性と為政者の哲学、国民統合一致団結、プラグマティズムな考え方で根本を理解できるようになるからこの本は不思議です。私自身もこの本によりいろんなことが見えてくるようになりました。一番読んで欲しい本かもしれません。


銀河英雄伝説 文庫 全10巻 完結セット (創元SF文庫)

マキャベリズム、帝国主義、解放ではなく自由、個人主義ではなく個人の尊厳、それらを履き違えた全体主義、そういった人間と共同体の根本を問いながら、戦争の戦術と人間の駆け引きと、世界とはこうやって動いているという歴史の累積をまざまざと見せつけられる。
私はアマゾンプライムでどハマり中です。ラインハルトとキルヒアイスとヤンウエンリーに会いたい。


MMT現代貨幣理論入門

経済を語るなら最低限理解しておくべき本になりました。


こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。ご協力よろしくお願いします。


人気ブログランキング