こちらシン・ゴジラのボタンをクリックしてもらえると、ブログランキングで周知力が上がりますのでよろしくお願いします。

そして、いつもツイッターで拡散頂いている方には本当に感謝しております。


私の大っ嫌いな櫻田がまた国家転覆を自分の利益のために図ろうとしています。
消費税増税で国民を苦しめろという富裕層特有の独占意識は、今度は中小企業への的外れな批判でもあらわになりました。

20200915_wb_ns04_141ddb28d7321534_9





経済同友会の櫻田謙悟代表幹事が日本テレビのインタビューに応じ、日本の平均賃金の低さを解消するためには、中小企業の数を減らす必要があると述べました。
経済同友会・櫻田謙悟代表幹事「とにかく(企業の)数が多すぎる、小さすぎる、生産性というか利益率が低すぎるっていうのがはっきりしてるわけで。ここから目をそらしたまま『賃金を上げればなんとかなる』ということには、多分ならないし上げられないと思います」
経済同友会の櫻田代表幹事は、日本の賃金水準を引き上げるためには、中小企業が、合併や大企業の傘下に入るなどして、「中小企業を脱していくこと」が必要だと述べました。
また、賃上げできない利益率の低い企業の廃業を促すべきとしています。
経済同友会・櫻田謙悟代表幹事「“最低賃金を上げなさいもっと出せ”と言ったら“無理ですつぶれます”となるんですが、店を閉める(廃業する)ことについての税制のメリットを与えるとか」
その上で、働き手がより給与の高い企業に転職できるよう、学び直しの機会など公的な仕組みの強化も必要だとしています。

まず、この国賊の目的をはっきりさせたいと思いますが、中小企業に働くすべての従業員や技術を欲しいわけではなく、大企業が求める場面で利益のありそうな技術、そして有能な人材だけを欲しているだけです。

そしていらなくなったら使えなくなったら捨てるわけです。なにせ彼らの投資は成長への投資ではなくて株主様への投融資ですから。

もし大企業様が、中小企業は淘汰されればいいというならば、すべての人たちを受け入れる覚悟はあるんでしょうか。その受け皿になっているのが中小企業だと言うことを理解しているんでしょうか。大企業だけで寡占状態にしたいのは、富裕層のエゴで、昔からることですけれども、これを政治でやろうとしたのが、アトキンソンと統一教会自民党の菅義偉がやった中小企業淘汰法じゃないですか。

もうやっているんですよ。コロナで苦しんでいる企業を「ゾンビ企業」とレッテルを貼って、国民に攻撃をさせて、大企業や外資に買収させる道を国がつくり、地銀の子会社として登録をしたゴールドマンサックスという外資のハゲタカファンドが、日本の資金を使いまくる権利を有して、企業再編や企業買収の利益だけを荒稼ぎできる仕組みを、国が作ってしまったわけです。恐ろしいです。

本来なら、中小業はどの国も保護され、補償金を出してでも助けますが、この統一教会が支援する自民党様は違うわけです。ですから外資の献金でさらに儲けようとする。

そして制度を作ったはいいが、なかなか中小企業が倒れないから、こんどは買い手が苛立って中小企業を「生産性がない」というデマで攻撃しはじまったんですね。

しかしながら、大企業のITや製造業に目を向ければ、有能な人材というのは中小企業に多いように思われます。もう一つの集団として役割がはっきりしているんです。切っても切れない関係ですね。

大企業はマネージメントや企画営業面では成長できる分野ですが、なにせ株主資本主義の中で戦っているわけですから、人材や設備や研究に投資ができません。それはコストになってしまうからです。

であればどうするのか。もちろん専門分野に特化した中小企業が、長年の技術の蓄積や品質向上のノウハウを利用しているわけです。最近のビジネスモデルはそうなっているんですね。それが大企業と中小企業の関係であり、必要であれば委託や請負でスポット参戦をしてもらって、大企業のプロジェクトの主力となっているわけです。

そうなると、この櫻田という頭の悪い経営者のいっていることは嘘になります。
中小企業が生産性向上ができないということはすべて嘘なんですね。生産性向上とは同じことを専門的に追求する環境のなかでしかうまれません。もちろん研究者を雇えればいいですが、そういう「いつ・いくらかかるわからないコスト」を、すべて外部に丸投げして成果が出たら買っていくのが大企業なわけですよ。

在庫を抱えると株主に怒られる。今のような不確実性の未来に対処できなかったのは、半導体不足によって露呈したわけで、売り上げも伸びなくなったのは在庫がないからです。

その経済合理性で考えれば在庫を抱えないということを、在庫を抱えてもいいんだよ不確実性のために備えるためにね。と後押しをするのが政府の役割なんだとおもいますね。ようは補助金です。半導体部門を持つ企業、設備投資をする企業を支援することが、産業強化国力増強を本気で考えているか、そうではないかの元栓のようなものです。

日本は97年以降ずっと元栓を閉めたままです。供給力が下がり続ける理由がわかるでしょう。

中小企業は大企業のように資金は潤沢ではないが、運命決める投資に関しては株主からの横槍はないので、少ない予算でも総力を上げて突き進めることができます。

なんならアイリスオーヤマのように株主資本主義に入らず、技術投資をし続ける会社もありますが、これ成功してますよね。

こういうモノづくりに対して知見をもたない金融系ビジネスマンが多くなりました。マーケットって言葉が好きな馬鹿です。
ですから、おそらくトヨタなんかは、この櫻田のいっていることは、馬鹿らしくて聞いてられないとおもいますね。
なんも作ってないサービスだけを提供しているやつが、中小企業のものづくりの生産性に対して、何を言っているんだ。と思っていると思います。

そして、この国賊櫻田にいいたいのは、なら全部手厚く自社で受け入れるんだな?
ってことです。これができないくせに無責任な発言はやめていただきたいと思います。

そして中小企業を馬鹿にする発言は本当に控えていただきたいと思いますね。
今大企業と言われている企業も、元々は零細企業から始まったわけですから。
そして、汗水垂らしてイノベーションを起こして、資金繰りに苦労しながら、いいものを作って大企業に買ってもらって、そのうち自分達で流通を確保できるような組織力を身につけ、大企業になっていったわけです。

こういうことを知らないんですよ。この保険会社とか銀行とか金を受け取って金を支払うだけのサービス業は、自分とこの社員がどれだけ汗水垂らして営業しているのかも理解していない。付加価値生産の意味について金融業は今一度学ぶべきだと思いますね。
中小企業だって、大企業だって、おんなじことをやっているわけですから。中小企業への差別はやめていただきたい。

そして、中小企業で働くみなさん、そして大企業で働く皆さんは、この富裕層経営層が独占的に富の分配で勝ち続けるための政治利用を食い止めるためにも、労働組合、もしくは皆さんが手を取り合って共闘していくしかないんだと思います。これを左翼だというアホがいますが、同じ国民である労働者のために戦うことが保守じゃないなんて保守を語る資格はないです。

勝共連合統一教会員みたいなことは言わんといてください。小っ恥ずかしいですよ。

保守を理解していない人間が多すぎるのが問題なんですよ。日本て。


自民党と戦えとは言わないですが、せめて選挙に行って何をすべきかってことですね。国民が民主制国家で唯一悪政と戦える方法はなんですか?

ですが、民主制国家が落ちぶれる根本は、国民が大衆と化して、政治が大義のために信念を貫く意味がなくなるという成れの果てなわけですから、今更嘆いても仕方がないわけですが。


==大衆から抜け出すための本を紹介==


NHKの100分de名著という番組で紹介された一文を紹介すると、
そして大衆は「みんなと同じ」だと感じることに苦痛を覚えないどころかそれを快楽として生きている存在だと分析するオルテガ。彼らは急激な産業化や大量消費社会の波に洗われ、みずからのコミュニティーや足場となる場所を見失い、根なし草のように浮遊を続ける。他者の動向のみに細心の注意を払わずにはいられない大衆は、世界の複雑さや困難さに耐えられず、やがて自分とは異なる他者を排除し始める



楽しく読むだけでアタマがキレッキレになる 奇跡の経済教室【大論争編】

奇跡シリーズ予約した方は今日から発送されるそうですー。今回はすぐ読もうと思っています。まだ変異する資本主義途中だけど・・

変異する資本主義

以前彼の公開セミナーで、いくら経済政策が変わろうとも積極財政になってもコーポレートガバナンスの問題点つまり株式至上主義の富の独占について質問させていただいた時、これとも戦っていかなくてはならないんですよね。とおっしゃっていたわけですが、彼が言論を発するということは、小さいビッグバンが起きるということなのかもしれませんね。いろんな人が気づき始めました。

富国と強兵

すべての経済に関わるもの、為政者に読んでいただきたいですね。あ、志が高くないと途中で読むのやめてしまうかもです。地政経済学で世界関係を推し量る人が増えました。

日本思想史新論―プラグマティズムからナショナリズムへ (ちくま新書)

公と民の関係性と為政者の哲学、国民統合一致団結、プラグマティズムな考え方で根本を理解できるようになるからこの本は不思議です。私自身もこの本によりいろんなことが見えてくるようになりました。一番読んで欲しい本かもしれません。


銀河英雄伝説 文庫 全10巻 完結セット (創元SF文庫)

マキャベリズム、帝国主義、解放ではなく自由、個人主義ではなく個人の尊厳、それらを履き違えた全体主義、そういった人間と共同体の根本を問いながら、戦争の戦術と人間の駆け引きと、世界とはこうやって動いているという歴史の累積をまざまざと見せつけられる。
私はアマゾンプライムでどハマり中です。ラインハルトとキルヒアイスとヤンウエンリーに会いたい。


MMT現代貨幣理論入門

経済を語るなら最低限理解しておくべき本になりました。


こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。ご協力よろしくお願いします。


人気ブログランキング