なるべく毎日更新しております。こちらクリックしてもらえると周知力があがります。


いつもツイッターで拡散頂いている方には本当に感謝しております。





厚生労働省が9日公表した3月の毎月勤労統計(速報)によると、実質賃金は前年比0.2%低下となり3カ月ぶりのマイナスとなった。2月と比較して現金給与総額の前年比は横ばいだったが、消費者物価指数の上昇率が拡大したのが響いた。3月の現金給与総額は前年比1.2%増の28万6567円と3カ月連続で増加し、2月と同じ上昇率だった。所定内給与は前年比0.5%増の24万7249円と5カ月連続で増加した。所定外給与は同2.5%増の1万8801円と12カ月連続で増加した。ボーナスや定期代など特別に支払われた給与は前年比10.7%増の2万0517円と3カ月連続でプラスだった。3月は、消費者物価指数が、2020年基準の持ち家の帰属家賃を除くベースで前年比1.5%の上昇と2月の同1.1%からプラス幅が拡大した。毎月勤労統計速報は1月以降、調査対象事業省の入れ替えなどを行っており、この影響で1月以降、現金給与総額の前年比は約0.4ポイント程度上振れている。


やった〜今期は実質賃金下落が0.2%マイナスなんであんま変わらんやん、あぶね〜。
じゃないねん。どんどん下がり続けているんやから目を覚まさなあかんねん。
本来資本主義が真っ当に機能しているならば物価も賃金も上がっていくのが正しいのに、何が下がり続けている原因なのか労働者は問題を探さなければならないわけです。一度立ち止まりましょう。

本来は給料というのは付加価値生産で生産したものが多く買われることで給料に反映される景気影響に左右され、物価が上がれば給料も上がる(景気成長)、物価が下がれば給料も下がる(これはデフレですね)のは誰でも分かるわけですが、もっと大きな要因があるんです。それは構造改革によって企業は従業員よりも株主の配当金のために経費つまり人件費や設備投資を抑えて、配当金を上げたり自社株を買ったりしているんです。それはなんでかと言えば敵対買収を避けるために株価を下げたくないから。そして経営者自ら持株を売ったときに莫大な儲けを得るため。そしてもっとやばいのが安倍晋三のアベノミクスでコーポレート・ガバナンスコードという金融庁主導で制度を作って、株主に対して自己資本比率に対する純利益を8%上げないと、物言う株主から取締役員を一層できる権限を与えたということです。つまり株価が下がり続けるのは余計な人件費をカットしないからだ、なんでもコストカットして純利益を上げると健全経営しているという思想から、企業が成長するよりも常に断捨離をして成長しなくても売り上げが伸びなくても、株主のために企業を維持させなさい、そうすれば海外を含め投資家が満足して長期投資をしてたらふく太ったら売られなさい。という株主偏重主義をアベノミクスが強制的に制度化したからに他なりません。

民主党が交渉に乗り、反対すると嘘をついた自民党が絶望の門を開いてしまったTPP自由貿易で、その結果として低コストの海外と価格競争をしなければならないという思想が蔓延していました。なのでTPPには参加しないとして公約を掲げて勝利した安倍自民党が、思いっきり公約を破って海外富裕層と国内の株乞食が応援してくれることが自民党の票になるという天秤で、平気で第一次産業や金融を売国して、結果的に低賃金移民労働者を増やし、日本人労働者が非正規に代えられ、お前の代わりは外国人がやってくれると交渉もさせてもらえず毎年賃金を下げられているわけです。企業が悪いのではなく政治がそうさせているんですね。

景気の底上げする政策手段は、高度経済成長期の日本の歴史を見ても分かる通り、GDPの要素である民間支出(民間と企業支出とは分けた方がいいですがとりあえず)と、もう一つは政府支出があって、不景気の時には公共投資や社会保障などの政府支出を増やすのがセオリーですが、この日本には経済の得意な政治家はいませんので、「日本には借金があるので節約しましょう」という騙しの財務省の出世に利用するための殺し文句で国民を黙らせ、ここまで大不況にさせられているわけです。こんな国は日本だけですよ。実際に麻生太郎や小渕さんが積極財政に転換した時期があってなんとか持ち堪えていたんですね。そうしたエビデンスつまり簡単に解決するはずだったのにここまでこじらせてしまって日本は移民大国と後進国まっしぐらです。有能な技術者も研究者も海外に奪われていきました。政府が投資をしないからです。

そうなったのは、株主の配当のために日銀ETFという制度で株を日銀に買わせるための量的緩和を実施して、国内実体経済にはお金が回ってこなかった誰でも予想できる愚かな政策により、国民に対しては金融政策やってるあべちゃんすげー、だから俺らも預金を取り崩して株を買いまくろうということで、テレワークの時に大損した人がたくさんいるんではないでしょうか。だから日経平均株価なんてものは上がらんわけですよ。単なる客寄せパンダで受給が動く、動いたものに一斉に飛びつく餌を与えていない釣り堀の魚のような集まりなんですから。

だから企業は給料を上げたいけど、株主から糾弾されたらまずいので、株主に媚を売るために配当を増やし、自社株買いで株乞食新聞に注目株として話題を提供して、株主によくやった!次はこの勢いで低賃金労働者を増やすために正社員の首を切れと迫られていうことを聞いてきたわけです。

20年間からこんなに賃金さがってるんですよ。これは中小企業だけではなく、一生懸命頑張っていい企業に入ってバリバリ働いている頭を使ってプライドを持って頑張っている大企業のみなさんも同じなんです。もっとあなた方は兼業株なんてやらんくても稼げるんですよ。余暇を楽しめるはずなんですよ。でっかい家を買えたんですよ。なのにずっと働いていくといつしか馬鹿らしくなって株やってた方が稼げるとおもって変更した人もいるでしょう。人生は人それぞれですが、中小企業はこの国を支えている最大の原動力が蔑ろにされているこの現状に対して声をデカく出せるのは大企業の方だと思うんですよね。

参考:小川製作所様ブログ

114-所定内給与-中央値-大企業-男性-賃金構造基本統計調査


114-所定内給与-中央値-中小企業-男性-賃金構造基本統計調査

本来物価は少しずつでも上がるんですよ。技術が上がったり精度が上がったり、ニーズに応えて生き残って価格メカニズムより加算されるからですね。下がり続けるのは売れないからでありもちろん淘汰されるわけです。そういう当たり前の市場メカニズムが健全なのです。新製品に抜かれる。そうやって価格は上昇していくのが本来の物価上昇です。政府が投資を怠って起きている今のコストプッシュ型の物価上昇は原油輸入や穀物を海外に頼るという愚かな国策の結果なので、不意痛に考えたら起こり得ない事故を自民党は起こしたわけであり、参考になりませんので細かい説明は省略します。

そう考えれば給料が上がるのは当たり前なんですね。なんで製品価格が時を経てこういった技術革新で上がっているのにそれを作る従業員の給料が下がることなんてあり得るんでしょうか。もしあったとしたらおかしいわけです。もしくはそんな企業にはみんないないでしょう。売れるから価格が上がっているのに労働者に分配しない企業なんて、労働組合からぶっ飛ばされますよ。社会から抹殺や淘汰されますね。でもいまは労働者が弱くされてしまって、頼みの労働組合はバカばっかりで大した仕事をしてない奴が調子に媚を売る組織となって新自由主義に媚を売り機能しなくなった。そしてアベノミクスが株主偏重主義に世の中を変えてしまったんです。これは社会構造の問題つまり政治の失敗でしかありません。

それではこの政治をだれがやってきたんですかね?
これがあなた方労働者が給料を上げるために重要視しなくてはならない根本のポイントなのです。政治が変わらなければあなた方の給料、つまり食うために生きていくという人間の基本的尊厳が蔑ろにされているわけですから、民主主義でも基本的人権も国民主権も全部に抵触した、それを無視した専制政治なわけです。

株価が上がることしか考えていない単細胞の株乞食どもがよく口にするのが、政治に社会保障や労働者の権利を主張すると、「この共産主義者ガー」とレッテルを貼ってくるわけですが、もしそういう不道徳なことを言う奴がいたら「黙れ株乞食の不労所得者。ぐうたら野郎。何か言うなら働いて社会に貢献してからだ。なにか生産して売っているのか。これが健全な社会生活ってやつだ。その日に売上を回収する既発株に投資するデイトレが投資だと?それが企業成長になんの関係があるんだ。この世に投資家なんていなんじゃぼけ。お前らはバクチ中毒なんだから病気なので医者に行け、もっと社会の仕組みを勉強しろ。」と返してあげてください。

もうこのまま自分達の給料が下落トレンドを辿っているのを指を咥えてみているのは終わりにしましょうよ。頭の悪い株乞食だって、こんなにチャートが下がったら損切りしますって、何か手を打ちますって。

IMG_1821

政府には金を使わせましょうよ。税金をとって単純にカウントして予算に割り当てるだけの金庫番としての役割しかないのに、なぜか自民党の賄賂情報を掴んでいるのでこの国を牛耳っている財務省をぶっ壊しましょうよ。真っ当に生きて税金をとられている正直者の国民にはなんの関係もあれへん。
そして株価に左右されない企業経営をするためにも、コーポレート・ガバナンスコードという制度を国民が徹底的に批判しましょうよ。
いつまでも労働者のみなさん自分達の生産性が悪いとか能力がないからだとか、自虐的に思わんといてください。こういった自己責任論とは労働者を黙らせるために富裕層や経営層が考えたレッテル貼なんです。昔からあるわけでこれに異議を唱える人が社会から抹殺されたわけですが、もう負けてはいられません。出鱈目なんです。国家とは国民を助けるのが仕事なんですから甘えていいんです。甘やかされているのと助けてもらうのは違うんです。当然の権利です。そして生活を安定させていい仕事をしましょうよ。それが人間の健全な社会生活なんです。そしてこの国が結果豊かになるのは明らかです。みんな一生懸命働いて所得が上がるんですから、衰退することなんてあり得ないんです。衰退させたいのが今だけ金だけ自分だけの株乞食や経団連や財務省や維新や自民党あたりですね。もっと先を見れば中国共産党や国際金融資本などという外資どもです。アマゾンがいくら税金を払っているのかは以前お伝えした通りです。荒稼ぎして法人税を払わないので吸い取られているだけですね。そして外資規制を無くして株主はがっぽり日本で荒稼ぎして撤退していってるわけです。企業には中国共産党の組織ができてソーラーパネルでは政治的に日本をソーラーで衰退させて自分達は原子力発電でがっぽり儲ける。競争相手日本をを叩き潰しているわけですね。

みんなが生活に追われずに自分のやりがいのために仕事をするんです。
新技術開発という冒険もできるじゃないですか、新しいビジネスと始めればいいじゃないですか。再チャレンジ精度があって国が助けてくれるのなら、どんどんチャレンジしましょうって国でなければだめです。それをさせたくないから誰かが邪魔をさせるのであれば、イノベーションなんて生まれません。そして自殺はダメだ。

いつまで株乞食にあなたの生き血を吸わせておくんですか?
将来世代にツケを残すのはやめましょうよ。

ヤフコメや、ユーチューブなどででROEが下がってるのでダメだこの企業はなんて行っているのを見かけたらバッシングコメントしてやりましょう。
株乞食は働けってね。労働者の所得をなんで働いていもいないバクチ野郎に奪われなくちゃならないんだってね。


それからクソ株乞食ども。
もう米国はアベノミクスで日本が無理して買ってもらっていた日本の株なんて買ってくれねーんだよ。アメリカ国内の方が業績がいいからだ。バイデンが積極財政をして金融システムを見直しているので、新自由主義から脱却して企業業績が上がっているからだ。いまはその積極財政のリバウンドが少し起きているだけだ。

金利がどうのこうのってお前らは金を借りることばっかり考えているな、信用取引で損をして首吊って死んでしまえよ。そのほうが日本のためになるだろう。
企業があってお前らは儲けさせてもらっているんだということを忘れるなよ。
いいか、労働者が元気で頑張って企業が成長をして、その健全な企業成長をみて株乞食どもは株を買わせてもらった方がよっぽど長期的に安定的になるだろうがよ。頭を支えクソが。
そんなことを理解せず、焼け石に水の配当やコストカットに群がって、ROEは?って涎垂らしながら株価を見つめて、お前らのその薄汚い笑い声の陰で多くのまともな国民が命を落としていくんだ。
反省しろクソ野郎。何が私は投資家だなんてよく言えるな。お前らのやっていることはゴミの投機なんだよ。貴様らのような今日切った張ったして全て回収してしまうイナゴ野郎が何の投資をしているって言うんだよ。投資家を名乗るのなら運命を決めた企業に投資をしてずっと見守るのが本当の投資家だ。
株乞食と言われる意味がわかっただろうクソが。





民主制国家が落ちぶれる根本は、国民が大衆と化して、政治が大義のために信念を貫く意味がなくなるという成れの果てなわけですから、今更嘆いても仕方がないわけですが。


==大衆から抜け出すための本を紹介==


NHKの100分de名著という番組で紹介された一文を紹介すると、
そして大衆は「みんなと同じ」だと感じることに苦痛を覚えないどころかそれを快楽として生きている存在だと分析するオルテガ。彼らは急激な産業化や大量消費社会の波に洗われ、みずからのコミュニティーや足場となる場所を見失い、根なし草のように浮遊を続ける。他者の動向のみに細心の注意を払わずにはいられない大衆は、世界の複雑さや困難さに耐えられず、やがて自分とは異なる他者を排除し始める


楽しく読むだけでアタマがキレッキレになる 奇跡の経済教室【大論争編】

政経でランキング1位だそうです。
変異する資本主義

以前中野さんの地政経済学関連のセミナーで、いくら経済政策が変わろうとも積極財政になってもコーポレートガバナンスの問題点つまり株式至上主義の富の独占について質問させていただいた時、これとも戦っていかなくてはならないんですよね。とおっしゃっていたわけですが、カレツキの的確な階級説明を提示してくれたのは大きい。彼が言論を発するということは、小さいビッグバンが起きるということなのかもしれませんね。いろんな人が気づき始めました。

富国と強兵

すべての経済に関わるもの、為政者に読んでいただきたいですね。あ、志が高くないと途中で読むのやめてしまうかもです。地政経済学で世界関係を推し量る人が増えました。

日本思想史新論―プラグマティズムからナショナリズムへ (ちくま新書)

公と民の関係性と為政者の哲学、国民統合一致団結、プラグマティズムな考え方で根本を理解できるようになるからこの本は不思議です。私自身もこの本によりいろんなことが見えてくるようになりました。一番読んで欲しい本かもしれません。


銀河英雄伝説 文庫 全10巻 完結セット (創元SF文庫)

マキャベリズム、帝国主義、解放ではなく自由、個人主義ではなく個人の尊厳、それらを履き違えた全体主義、そういった人間と共同体の根本を問いながら、戦争の戦術と人間の駆け引きと、世界とはこうやって動いているという歴史の累積をまざまざと見せつけられる。
私はアマゾンプライムでどハマり中です。ラインハルトとキルヒアイスとヤンウエンリーに会いたい。


MMT現代貨幣理論入門

経済を語るなら最低限理解しておくべき本になりました。


こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。ご協力よろしくお願いします。


人気ブログランキング