なるべく毎日更新しております。こちらクリックしてもらえると周知力があがります。


いつも拡散頂いている方には感謝申し上げます。


 




日銀は14日朝、長期金利の上昇を抑え込むために「指し値オペ」と呼ぶ公開市場操作を通知した。10年物国債を0.25%の利回りで無制限に買い取ることで、同水準以上に長期金利が上がらないようにする。


指値オペレーションということは、金利が0.25%以上になったら国債を日銀は買わないよということで、よくわからないメンヘラ具合を披露している日本の経済運営を露呈しております。

そもそもなんですが、日本は銀行は0.5とかの金利低迷時代です。お金があればみんな借入しますがお金がないので金利が低いんですよ。ここを押さえてない自民党ジャポン。

アメリカの真似っこをして怖がっているんでしょうが、日本の自民党ジャポンのせこさとは違って、アメリカは積極財政をたっぷりしたので景気が活況して金利が上昇したんですよ。日本は財政支出なんてちょこっとしかしてませんから飲食店は廃業が続き、若い女性は自殺をしているわけですね。それをちゃんと助けているんですかね、子ども食堂が今年ものすごく増えたのって貧困家庭が増えている象徴ですよね。これさえも自民党ジャポンを支持する株乞食は罵倒しているようですね。自己責任なので安倍さんのせいではないよーですって、政治が責任を取らなくてもいいのは新自由主義国家の特徴です。

さて、金利が上昇するメカニズムの話なんですが、金利が上がると言うことは、経済が活性化するということです。
それでは我々国民の実態経済が活況すると言うことはどう言うことかといえば、我々の給料が上がり、消費が増えるということです。
では今のような経済停滞期にどうすれば経済が活況するのかといえば、誰かが頑張ってお金を使うことです。でも民間は先行きが不安定なのでお金を溜め込みますね。もしくは生きるのがやっとの賃金しかもらえてません。それでは誰が莫大なお金を使えるかといえば一つしかありませんよね、そうです政府です。政府が公共投資をしたり、社会福祉を充実させたり、はたまた減税をして、国民の需要と産業がフルに回転するように通貨を循環させる、つまり財政支出をしなくてはなりません。これは誰も異論はないでしょう。どんな自社株で大儲けをしている人がいてもせいぜい宇宙旅行代をアメリカに支払って終わりですから国民を誰1人幸せにできるような支出など望めません。

と言う前提を理解していただいて、日銀が行なっている国債を買い取る量的緩和は、アベノミクスでリフレ派政策として行われましたが、財政支出をして民間経済に支出をしていないので、金利が低いからといって誰も金を借りてマンションやら車やら企業は設備投資などデフレの需要低迷なのでするはずもなく、当然ながらインフレ率は全く上がりませんでした。日銀の2%目標でしたね。ようは経済になんらカンフル剤とならなかったわけです。ただ日銀内で貨幣を発行すればいいわけではなく、それを民間に投資をして届けなくては何の意味もないことは、皆さんだってわかるでしょう。

aa47c422-s

青い棒が国債を日銀が購入すると言うわけのわからない絵に描いた餅政策の量的緩和ですが、日銀は買いまくっていましたが、黒い長期金利を見てください。金利は0以下つまりマイナスだったんです。金利がマイナスって恐ろしいですよ。銀行にとっては致命的です。お金を貸してもものすごく金利を低くしないとだれもお金を借りてくれない。銀行のメインの収益は金利ですので、ですから銀行は実態としては経営が逼迫してしまいました。といっても民間銀行が経営が悪化した場合には日銀がコントロールできるので心配しないでくださいね。ただ政府がゴールドマンサックスを日本の市中銀行と組ませて外資に儲けさえる中小企業買収のための業務提携を推進していますので、銀行は従わざるを得ません。本来市中銀行や地方銀行が強ければ拒否するでしょうけど、今は力がないので自民党ジャポンに従わざるを得ないということです。


KA5CYHVEU5NTPKIBGAIBHTJKRQ


そしてこの日銀が長期金利を抑えると言うわけのわからないことをして、国民がお金を借りやすくしてやっているんだぜ、という経済政策をやった気でいるわけですが、国債を日銀が買ったところで民間には回ってきてないから意味がないですよ。という批判を交わすかのように彼らが安易をしたかといえば、安倍晋三が「安倍晋三の自民党ジャポンが帰って参りました。外国の富裕層の皆さん、日本で稼いでください。」とダボスやウォール街で宣言したとおり、日銀はETFを買い漁りました。これは株乞食が大喜びしましたが、国民全体を救うことにはなりません。みんなに満遍なく当たり前のワークで当たり前のインsテンティブつまり給料で通貨量が循環されていません。これではお金持ちがますます投機行為でお金持ちになる、実際は外資と同じ株をゲットすることで同じ配当や株価上昇で懐をふくらますことができちゃうわけです。

これってただしい経済政策ではありませんね。国民が労働対価で収入を増やせないんですから。
これを自己責任という人がいますが、不労所得者で株をやって何も生産せず仕事を辞める働けるのに働きたくない社会不適合者のことをファイヤーって言うらしいんですが、ようは働くのが嫌な人たちということです。これではばかな人間が増えるということになりますし、技術力、ビジネス能力、物を作る能力、すべての国力が衰退してしまうわけですし、みんなが株をやっていたら企業利益で株の売買がきまるのに、誰も企業活動をしなかったら、株マーケットって何を売買するのでしょうか。よく株乞食は投資をしているから企業を救っているというけれども、この事実から考えるに食わせてもらっているので労働者に土下座して定期的にいろんなところに寄付をしろよ社会的ゴミども。と思いませんか?

もちろん先行き不安定だから既発株の売買を積み立てしながら資産運用をしているという兼業株主はみんなやってもいいと思いますが、トレーダーチャートを真っ昼間からみて、仕事もせず、15時売買を過ぎたら「政府は政府は財政支出をして金利を上げるな」「物価上昇したから増税しろ」だのとツイッターでかちゃかちゃやって国民分断をしているのが、この株乞食どもなので私は怒っているわけです。こいつらはネトウヨ的ところがあって、ブログの安倍さんマンセーをしているブロガーはみんな岸田批判で自分が株乞食で働いていないことを露呈していましたね。安倍マンセー保身言論人も岸田を批判している根拠は、金融所得課税です。つまり株価が下がってしまったことに怒っているわけです。いいですよね、適当な右っぽいことをいて安倍さんすごいといって株で稼げるんですから、社会のクズっぷりが半端ねー。


ということで、金利が上昇すると株を購入する際の金利に影響する。株乞食って手数料とかの経費にものすごく敏感なんです。奥を稼いでもせこい。ということで彼らに教えてあげたいのは、国債って商品ではなくて、国の通貨発行をデータにしただけですから、しかも国債を発行しなくても日銀は日銀当座預金にクレジットして政府の命令で通貨発行だってできるんですよ。それをなぜか法律で禁じているだけですが、国債残高を記録すると借金ぽく見えるという財務省の戦略なだけですので、マクロ経済をちゃんと学んでくださいね。マーケット理論とマクロ経済は全く違いますので、ファンダメンタルでも財政ファイナンスでも間違った考え方を実体経済で口にしないようにお願いしますね、例えば君らのやっていることって、コンビニでお菓子を購入してを支払うときに「ファイナンスするよ、金利はどうなているの、このお菓子会社の企業業績を見せてくれ、」とか言わんでしょう?
そのくらい政府に対して的外れなめんどくさいことを言っているって認識した方がいいですよ。そうすれば働いていない株乞食が発症していまう洞察能力ゼロペースの馬鹿さ加減くらいは治ると思うので。働きなさい。





自民党の消滅
三橋 貴明
ベストセラーズ
2020-06-26





変異する資本主義
変異する資本主義
中野 剛志
2021-11-17



こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。ご協力よろしくお願いします。


人気ブログランキング