なるべく毎日更新しております。こちらクリックしてもらえると周知力があがります。


いつも拡散頂いている方には感謝申し上げます。
  

箱根駅伝5区の箱根の坂を見るために、正月だなーと正座をしながら待機をしております。
この坂道を必死になって心臓が破れないように踠きながら走っているランナーの顔を、舐めるように眺めてエネルギーに変えてごぼう抜きする、あの柏原選手みたいなモンスターが現れるのか!
少ない年末年始休みを満喫したいとおもいます。




尖閣は安倍晋三の時代から実質占領をされていますが、ずっと情報を小出しにしかしていないので、海外の防衛のスペシャリストは警笛をならしていましたね。実効支配を続けられたらもう返してくれと言う立場になるよって。
ですので、今のフェーズは、中国としては自分の領土で巡視船で警備に当たっていると考えなくてはなりません。これが国防ができない国の末路ですので、どんどん領土を拡大していくでしょう。
この事実を実家で親戚や兄弟に話をしたら驚いて現実逃避をしようとしていましたが、ちゃんと話を聞かせて、自民党がこうしてきたのだから、みんなもん逃げちゃダメだよーと、今後の心構えと、私がよく言っている解決策を説明して、これはみんなに言わないとダメだねーなんて言ってましたけど本当に理解しているんだろうかは疑問でした。日本人というのは問題が起きると逃げるという行動をするってのがよくわかる一例ですね。そして自己矛盾を数で埋め合わせようとする。そうやって集まっているのが自民党支持者なんだろうけども、なら日本は最高ー安倍最高ーなんて言うなよと。馬鹿でしょうw
日本が占領されたらお前ら傀儡保守の自民党支持者と、アナーキスト個人主義者(立憲支持者のクソリベラル人権どもと、アイヌウポポイシャケ泥棒の嘘つきどもと、反原発運動に参加した乞食どもと、沖縄反基地で寝そべっている生きていても意味がないグローバリズム極左活動バイトで食っている不労所得者)、今だけ金だけ自分だけの株乞食どもは、最初に粛清されるってことを理解したほうがいいよ。
だって、支那中共が日本で行政を行おうとしたときに、いちばん邪魔なのってこう言う人たちじゃないですか。

その次に国家観のある我々と言った順番でしょうね。それでも最後まで抵抗しますけれども。







男性65歳であれば平均余命は20.05歳、女性65歳であれば平均余命は24.91歳。年間40万円の赤字だとすると、20年で800万円、25年で1,000万円を貯蓄でカバーする計算です。
貯蓄が少しずつ減っていく生活。不安しかない年金生活に、「いつまで働けば楽になるのだろう」という高齢者たちのため息が聞こえてきそうです。

2020050710


3階:企業年金、企業型確定拠出年金、厚生年金基金、iDeCo(個人型確定拠出年金)
2階:厚生年金、国民年金基金
1階:国民年金(基礎年金)

という構成になっていますね。3階部分は大企業ということで、おそらくは日本国民のほとんどは2階部分までということになるので、いまは退職金も本当にもらえんのか?という状況らしいので、だいたい20万ちょっとということになりますね。
国民年金の自営業の方は5万円ですので、老後は心配しかありません。

年金は社会保障費として、保険を利用する前提で徴収はするが、全額必要な金額を国が支出していいわけです。ましてや国が支出をすればGDPの分母が大きくなるので、経済が活性化します。これはデータに表れているのでアホな反論は不要ですよ。
これが「政府最終消費支出」ですので、国の借金なんていっているのは経済を理解していないので妄想はやめていただきたいですね。


z_image




それでは年金は運用してその運用益を国民に還元するなんて言っているけれども本当なのかと言えば、運用はしているけどそれを外資の株価の買い支えに使われてしまっていて、190兆円に運用益は膨れ上がっているけれども、これは取り崩せないそうで、結局積み立てている年金は結局のところ政府の支出で賄われています。なんのための積み立てなのかわかりませんね。

ということで紛れもなく実績として年金は政府が支出をしているわけです。でもおかしくないですかね、この運用機構をGPIFというのですが、外資を含めた金持ちのために貢いでいるということなので、この日本という国はおかしい国だなーっておもいます。世界の金持ちは努力して富を得ているわけではなくて政治を利用していると言うことがわかりますので、こういう乞食どもは粛清してもいいと思いますね。この仕組みを作ったのって、ゴールドマンサックスと、日本では竹中平蔵です。こいつはプっころしてもいいですねー。

しかも国民が分断してしまいますね。頑張って貯金をして年金が少ないから貯蓄してないやつが国に頼るなーなんて頭のおかしいことを言う人がいますけれども、それはおまえの余剰金として頑張ってジジイになって使えよって話です。お前の基準を他人に押し付けるんじゃないよ。

経済とは誰かが成長のための資本を投入したり、消費者が消費をしないと成り立ちません。そして消費に比例して供給力が上がっていき、物価がバランスされていくわけです。このどちらかが欠落すると不況に陥ります。
ですので経済を大きくするには国民がどんどんお金を使わなくてはなりませんし、その金を使うために通貨を循環させるために公共投資や社会保障費で政府支出で通貨の循環を助けるのが政府の務めです。なぜなら税金で吸い取られるばかりなら政府は金食い虫になるからです。意味がないでしょうそんな政府。自分の国に自分で作れる通貨で投資を行うのが政府の仕事です。誰かの国の借金というデマと自己責任で自ら崩壊の危機に陥っているのが今の日本です。

貯金をしてしまっては経済は回りません。ですので現役世代のときには必要なお金はどんどん使うべきです。ですが今は経済が不況です。そして年金は外国富裕層の株価で奪われ、しかも政府は緊縮で年金をどんどん少なくして、どんどん保険料を巻き上げようとしているので、貯蓄に回さざるを得ません。従って実質賃金がどんどん下がっていますので、普通の庶民は預金はあるけれども貯金という資産運用はできない状況です。ましてや地方の家族を持っている人は相当なダメージを受けています。ガソリン代も高いわけですからね。そう言うのを理解しないで貯金に回るから支給なんてするなよといっている不幸が大好きな人たちは、勝手にのたれ死んでください。解決方法があると言っているわけですから、なら選挙で意思表示をして声を上げて戦いなさいよ。逃げないでくださいね。もちろん仕事を頑張るために給料を上げろといいましょう。モチベーションは所得の向上に決まってるじゃやないですか。一生懸命働いて老後は楽をするのは、誰にも与えられた義務です。田中角栄はそういう世の中にしようとしていたわけですし、実際MMTがそれが可能だと解明してしまったんですね。なら考えを改めませんか。国の借金も自己責任なんてものはございません。わざと働かない人は飢えて死ぬし、自分の意思に関係なく弱者になってしまった人や、体の不自由な方には生活の安心を国が与えなければならないですし、一生懸命働いている人は報われる世界にしなくてはなりません。それは労働対価と社会保障に決まっているじゃないですか。そのための国家です。

従って、国民も政府もMMTという貨幣の真実を理解して、国力を上げるため、国民を助けるためには、信用創造の効力が上がって、通貨を発行して国内で使用することはなんら制約はないし、その行為自体が通貨発行をしているということであるわけだから、どんどん政府は通貨を発行しろという世論形成をしていかないと、この国人に生まれてきたことが試練になってきている将来世代のために、現役の世代が声を上げるべきです。
そのためには、自民党公明党維新立憲共産党以外の政党を選ぶべきですね。

投票の本来の意味は勝ち負けではない、じぶんの意思表示だ。そうでなければ意図的に作られた独裁者を生むばかりで、みんなが幸せになるための民主制によるナショナリズムは育たない。
また名言を作ってしまいました。笑






変異する資本主義
中野 剛志
2021-11-17




こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。ご協力よろしくお願いします。


人気ブログランキング