なるべく毎日更新しております。こちらクリックしてもらえると周知力があがります。


いつも拡散頂いている方には感謝申し上げます。
 

昨日は出勤の仕事納めでして、なぜか明日まではシステムが動いているので自宅でテレワーク待機という生暖かい指令を受けました。こうやってブログをリラックスして書けるのでテレワークも悪くないのですが、メールガンガンくるなー笑

さあ、私のブログですが、ちょっと難しめですし、国民にとっては私自身の戒めも含め耳の痛いブログが続きました。普通はこんなブログなど見なくなりますよね、不動産バブルでチャイナは滅亡するー!日本は復活するー!って嘘を並べた方が明日への希望が湧きますよね。
わかります。

私ももう少しで責任を果たしたらあるところから抜けようと思っています。そこの政策を理解してもらえるようにまずは経済を理解してもらおうと励んでいたわけですが、私はネトウヨっぽい記事を書かかないですし、またパヨクもネトウヨも自民党やグローバリストに笑われてんで?ということを本質として啓蒙してまいりました。


そう言う意味でも、お役目を終えてからは、この保守でもなんでもないブログランキングからは離れて、新しく経済や産業政策や社会保障などをテーマにしているランキンにブログを立ち上げようと思っています。学んだことを正しく提言することも立派な活動です。
なら行動したのか?なんて言われそうですけども、今年は堪忍袋の尾が切れて、政党様のお力を借りたのか貸したのかはわかりませんが、自民党前、経団連前、財務省前と、徹底的に怒りの街宣をさせていただきました。いままで左翼などがやったことはありますが、マクロ経済や産業政策の歴史を理解していないので、彼らにとっては痛くも痒くもありませんが、言葉下手な部類ではありますが、正しく厳しく真っ当に批判をされたことはなかったはずですから、いいパンチが打てたと思っています。
批判するなら自分でやってくれるとうれしいです。今の日本の最大の敵は自民党と財務省と経団連です。もしあなたが怒っていれば言葉はたくさんでますが、ちゃんと体系立てて話さないと動画に残す場合は意味がないかもしれませんのでご注意を。(私は失敗しました笑)

もしかすると矢野康治さんが乱心をしてしまったのは、私がいち官僚の名前を連呼して表に引っ張り出して「国民を殺すんじゃないよ、マイクを貸すから国民に謝罪しなさい。」と心を込めて怒ったことで、彼の中の何かが狂ってしまったのかもしれないですね。だって官僚が国民から名指しで批判されるってないですももの。・・なんて笑
しかし、矢野のご乱心は今相当話題になっているようです。なぜなら財務省が緊縮をしているというと陰謀論はやめろと言われていたわけですが、彼が積極財政を批判したことで、財務省の正体が露呈してしまったわけでして、これは三橋さんも大きいと言ってましたね。
「目の前の経産省は日本のためにご苦労様です。その前に鎮座する財務省はなんなんでしょうか〜?」と始めたことで、矢野を追い詰めた私の悪口能力が少しは効き目があったのだろうと勝手に思い込むことも大事です。んがんふっ

9 (1)


ということでブログもそう言う、見る人が見る場所に移していこうと思います。Twitterをやってないので場所を移せば有意義な書き込みもしてくれるやもしれません。いままで素晴らしい見識の方も何人かはいましたが。

その間は、経済・産業政策とかはわからないけども、なるべく日本の問題というのは外国人ガーだけではないんだよという時事解説をしていこうと思っています。自民党ではだめだ迄はわかっているので、もうひと山みなさんが変わってくれないとほんと困るんだよねー。ということでしばらくお付き合いください。





与野党グルのコメンテーターがふりかけだのアベの馬鹿野郎だの、馬鹿保守のエナジーを奮起させて安倍ちゃんしかいないっていう団結のために頑張っている組織から金もらって反対派としての活動をしているバカそうな言論人の意見ですけども、たしかに会計検査院はいらないと思いますね。
これ憲法を改正したり新憲法考えてみた。って人からすると、??な組織なんですね。
それでは実をみていいくと、この記事にもある通り財務省に逆らえない部署なので、緊縮チェッカーになってしまっています。

第九十条 国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。


と憲法で定義するような部署かよっておもいます。
いらないんですよこんなところ。なので私どもの新憲法草案においては、機能していない定義はすべて廃止をしています。という一部のマニアしか理解できないであろう話でした。




結局国民を選別しまくっているので、自治体が頑張って不公平感を無くしますって話ですね。
というもう年末になってしまったけど、生活に困っている人は寒い時期は顕著で、みんなが贅沢をする年末で余計にひもじさと寒さが重なって自暴自棄になるのでしょうが、昨日も電車は止まってしまっていたけども、一向に支給する気配がない。
これは自民党がやるやる詐欺をしているというよりも、支給するという宣伝効果を狙って、あとは自民党ネットサポーターを使って、自民党は素晴らしいという、安倍の頃に確立されたSNS戦略をするつもりが、意外と岸田は人気がないので盛り上がっていないと言うところでしょうね。
安倍復活だの、早苗のミクスダーなんてやっているわけですが、誰がやっても自民党に騙され続け、困ったところを救う政治なんてされませんよ。国防が弱い日本がチャイナに強気になれーと、だれかの後ろから石を投げつけても勝てませんて。緊縮なんですから。
安倍晋三なんて総理を辞めてからじゃないですか外交問題で他国に文句言っているのは。当事者になったら国際金融資本や支那中共には逆らえないなんてのは、おそらく犬や猫でも本能で理解していると思いますよ。わからないのは自民党ネットサポーターだけですよ(大爆笑)




日本は、森林国でもあり国産材は大量にあるのに安い海外産を使っていたため、国内の林業は衰退し、森林は荒れる一方で、伐採や製材もままならない状況です。これは建築木材メーカーの方のブログからちょっと引用させてもらいました。

日本は森林国ですけども、これら国を支える産業で、競争原理もさほど必要についても、大手建築メーカーは林業と名はつくが、建築や加工品としての商品販売の競争を目的としていて、この資源としての国内での競争はないです。もしあるとしたら木の質によるブランド化はあるでしょうけども、例えばヒノキとかですかね。それでももともと燃料というよりも、杉の木は家を作ることを目的として植えられているものですから。
そう言う意味でも、自然を相手にしているので環境に左右される第一次産業の所得保障を自民党が怠っているので、海外の輸入品のほうが安かったりすると、国内の木材業者は衰退します。

そして石油や食料と同じで、大量消費国の中国とアメリカの需要がコロナから回復傾向に向かって、この両国は国民に対してコロナ関連の給付金をたくさん配っているので、金銭的に余裕ができてた人たちは、家という高級品にまで手が出てしまっている羨ましい状況なんですね。
そちらほうに流れているので、このままでは、日本は住宅を建てられなくなるというニュースがありましたね。自民党がここまで日本を衰退させているんですよってのを気づいている人が自民党支持をやめるんです。ですのでまだ自民党マンセーと言っている人は、おそろしく世の中を理解していないということですよ。あ、まともな人の話です。ほとんどがキチガイばっかりだとおもていますけども





変異する資本主義
中野 剛志
2021-11-17




こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。ご協力よろしくお願いします。


人気ブログランキング