こちらクリックしてもらえると周知力があがります。新聞記事を引用するだけの、立憲や共産や韓国を批判して、一番の元凶である安倍自民党をマンセーして1分くらいで書けるような内容の保守ブログランキングに鎮座するレベルの低いブログを引き摺り下ろして、皆さんに問題提起できるようなブログを提供します。もう日本はグローバリズムから逃れられない状況ですからなんともしようがありませんが、問題の根本だけは周知したいとおもっています。自分でツイッターアカウントを持ってないので、みなさんにお願いするしかないわけでございます。





全ての日本の悪の元凶、問題の根本は、自民党なのです。
政府は社会経済活動の回復に向けて、ワクチンの「接種済証」やいわゆる「ワクチンパスポート」の国内での利用に関する基本的な考え方の原案をまとめました。


菅義偉は、アイヌウポポイで勝手に観光のために、手を挙げれば君もアイヌ人だ!という国家間を持たない反日活動家などで構成される「我はアイヌ人だ」という人達に日本国民が得られない特権を与え優遇するというヒエラルキーピラミッド階級で日本民族より上の民族を作ってしまいました。

自民党という政党は、移民受け入れを見越して、ヘイトスピーチ抑止法という理念法を作ってしまった。これは移民受け入れ政府批判に対する批判が差別的だとして言論統制するための目的です。

そしてつぎはワクチンパスポートですから困ったものです。これにより無意味な国民間の対立が生まれます。やはりワクチン同調圧力は会社の上司や同僚からは垣間見れており、そもそもきちんとワクチンに対する有効性や補償を明確にするべきであるのに、金がかかる補償について拒否したいので、こうしたルサンチマンに頼る国家としての責任放棄を自民党はやらかしたわけです。


自民党内には新型コロナ対策などを盛り込む2021年度補正予算案を次期衆院選後の国会で審議すべきだとの意見がある。

緊急事態宣言は余裕で50回を超えるでしょう。自民党である限り。
ですが粗利補償や貧困対策や医療逼迫解消のための予算編成はすぐにでもしてくれないと、感染対策すらできません。
自民党議員様の周りは裕福な人が多い。そんな人から意見を聞いても実態はつかめません。
ましてや財務省の矢野康治が阻止するでしょうが、臨時国会で補正予算をすぐにでも組まないと、益々日本人は消えていきます。

そういうことを鑑みて、以下の図のヤフコメの自民党信者の意見を見てください。
こういう工作員こそが、この国から消えていくことが先決なのではと思う次第です。
日本人では無いのは明らかです。
こういった新自由主義で自民党から恩恵を受ける株乞食富裕層や証券ディーラー関連のクソどもや、馬鹿な保守を理解していない安倍保守でも、同じ日本人なのです。
ですので、こういう馬鹿な人間が国家を理解して富を独占したりすることなく、まともな道徳を持てるようにするためにも、自民党を与党から引き摺り落とし、国家を再構築する必要があるんですね。


FullSizeRender


長い闘いですが、その前に日本が持つのだろうか。中共侵略は進んでいますが、日本の自滅だけは避けたい。だからなんとなくまずいと思う多くの人の不安や危機意識により、鬼滅の刃というアニメは共感を呼んだのだと、日本人が持っている大事なものに触れたんだと思うのです。

そう思うから政治活動をして正しい国家観と貨幣観を周知していかなければならないと思っているわけですが。
この国の鬼は増え続けています。無関心で無責任で罪の擦り合いは楽です。
しかし一人一人が鬼と戦わない限りは、何も解決しないのですよ。

IMG_1230





日本は政治が変われば国民は豊かになります。
このまま自民党が続く限り国民の暮らしは豊かになりません。断言します。
今一度国民経済が復活するために国民側が知っておくべき正しい貨幣観を理解したいところです。

日本は自国通貨を持っています。日本だけで流通する通貨の円です。
誰が作って発行しているのか。現制度では政府が国債を発行して日銀に指示をして「日銀当座預金」に記帳(金額を書くだけ)して通貨を発行させています。これは企業も資金を調達するため銀行にお金を借りるときに自分の返済能力という担保と引き換えに銀行預金にクレジットしてもらってますが、それと同じ行為を政府と中央銀行レベルでやっているわけです。ただし、中央銀行は制度上政府の子会社ですので、政府の中の通貨発行機関ということになります。これを理解すると国債発行って借金でもなんでもないということが分かっちゃいますけど話を進めます。
通貨を作るトリガーは政府が予算を組むとき、つまり公共事業や社会保障を国民に施すときに通貨が発行されます。別に国債発行しなくても、そういった「債権記録」を残す行為をしなくても、通貨発行せよと日銀に指示をして預金通帳に記帳して通貨を支払ってもいいです。
ですが国債はインターバンク市場(日銀に通帳を持っている銀行とか保険会社とかの世界)においては金融商品としての価値があって、金利がつくので民間銀行の資金になるので保有したいわけです。我々国民が国債を購入するのは銀行などの金融機関が商品として儲けるために我々に売っているだけです。ですから銀行を儲けさせるという意味において国債で通貨発行されるのです。
これがお金を作っている行為です。
見ての通り通貨発行は目的があって発行されているんですね。毎月決まった通貨つまりお金を作っているわけではなりません。
株式会社的には政府は親会社で日銀は子会社です。そして説明した通り政府と日銀の親子関係の中での貸借関係だけで成立しているので誰からも借りているわけではありません。政府が国のために国民のために必要だから作るんです。よく国の借金で破綻するといっている変な人がいますが、中央銀行のオペレーションを見ればわかるので反論する人は理解していないということです。
それではお金を勝手に作りすぎたら「外国からの通貨の信認が」とか「外国からの国債の信用が」とか大丈夫なのかっていう人がいますけども問題ありません。大丈夫なんです。なぜなら自国で消費するだけなので何が問題なのでしょうか。そういう無知なデマを流して国民を不安にするのは、国債を金融資産だと思っている人の理論です。そういう個人の金融資産の概念を持ち込まないでください。買いたい人は買うし別に買わなくてもいいわけです。国債発行による通貨発行とは、純粋に財政支出という国家運営の話であり、金融資産として流通するのは「勝手にやってろよ」の世界の話なので、財政において今後は国債を売買するという発想は捨ててください。意味がありません。
それじゃ貿易とかはどうするんだよと考えると思います。日本だけで経済圏が完結するわけではないですからね。貿易ですね。それは為替レートで(事実上覇権国である米国)基軸通貨のドル換算されて取引されているので、国民が心配する必要はありません。為替の市場が相場によって決めているんです。
ここがポイントなのですが、もし懸念があるとしたら日本が輸入に頼って貿易赤字、つまりトータル経常収支の赤字が膨らんだ時には当然ながら円が弱くなってしまうので、そうならないように政府が自国通貨を発行して、防衛、産業、インフラ、食などの一次産業、国民の医療や生命や誕生を守っていかなければならないのです。
いいですか。供給能力が一国で盤石でなければ、大東亜戦争で何も学んでいないということになりますよ。他国に頼っている時点で安全保障としては脆弱です。しかも為替レートで円の価値が本当に下がります。輸入に頼る国は後進国といいリスクの多い国という理由がここにあります。レートの話は円高円安ですので、普通に考えればわかりますね。輸出国の場合は円高傾向。輸入国であれば円安傾向。足し算引き算の話ですから割愛します。輸出国を目指せというのではなくて、保護貿易をしても内需を充実させる国でなくてはなりません。
自由貿易をして防衛を他国に任せ、進んで属国になり、自国の産業を守らない。だから今の緊縮は日本滅亡まっしぐらなんですよ。これじゃ日本おかしくなっちゃうわってわかるから私は怒っているんです。
経済政策を理解しているものとしては、政治家が自分で自分の国を貧困化させているから恐怖を感じています。例えるなら自民党議員が自分で家に火をつけてるから怖いわけです。経済を理解せず、恐らくは献金のために外国や日本の富裕層のために売国をしている。自民党議員全員がやばいですね。
超積極財政をしろといっている日本第一党の公約の意味がわかっていただけたら幸いです。
これがケインズ的マクロ経済政策なんです。適当に行っているわけではないんですよ。中央銀行制度であり、国定信用貨幣論であり、機能的財政論です。総じて現代貨幣理論(MMT)です。
財政破綻する〜といって国債発行して国民を救うことに対して批判している株乞食のバカは、富を独占する前にこの国終わるんだからバカを露呈して批判してくるんじゃないよ。笑われるぞ人殺し。



こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。
ご協力よろしくお願いします。


人気ブログランキング