こちらクリックしてもらえると周知力があがります。新聞記事を引用するだけの、立憲や共産や韓国を批判して、一番の元凶である安倍自民党をマンセーして1分くらいで書けるような内容の保守ブログランキングに鎮座するレベルの低いブログを引き摺り下ろして、皆さんに問題提起できるようなブログを提供します。もう日本はグローバリズムから逃れられない状況ですからなんともしようがありませんが、問題の根本だけは周知したいとおもっています。自分でツイッターアカウントを持ってないので、みなさんにお願いするしかないわけでございます。




世界は景気が回復して活性化し、チャイナは好景気で買い占め独占を始めるというなかで、日本だけが置いてけぼりで、賃金が下がるのに物価はは上がっていく。時の政権の愚策の不条理。

これは、内需縮小をしてきた輸入に頼るという愚かな経済政策のツケが回ってきているからです。
この輸入による物価の上昇は、供給力が乏しいコストプッシュ型ですので、マクロ経済的には悪いインフレ、つまり非常にまずい事象です。良いインフレは好景気で物が売れて供給力が追いつかないインフレですので、新たな投資が生まれ経済成長が見込めます。
大不況で国民がどれだけ耐えられるか。わかりやすい傾向としては人件費削減合戦になる可能性があります。まずは消費税を廃止し、輸入に頼らない供給を強化するまでは、国民を守ることが命題になっていますが、今の自民党では期待できません。

宇都宮市「インターパーク倉持呼吸器内科」の倉持仁院長が1日までにツイッターに投稿。自民党総裁選を伝える報道を引用し、コロナ禍のために困窮しているさまざまな業種をあげた上で「1.5年何もせず、銀座に飲みに行き、選挙の時だけ票が入るなどと思っていたらそれは大間違い」と投稿した。

 倉持院長は自民党総裁選を前に菅首相が二階幹事長の交代を検討しているとのテレビ報道を引用し、「今考えるのは自分らの保身ではなく、真っ当なコロナ対策、困っている飲食観光医療福祉保育、共働き若い世代、老々介護の高齢者世帯、子供大学生や生活困窮の若い世代、非正規雇用者。1.5年何もせず、銀座に飲みに行き、選挙の時だけ票が入るなどと思っていたらそれは大間違い」と投稿。

 別のツイートでも「建築も運輸もイベント会社も航空業界も農家も卸もです。他にもたくさん多くの人が困っています」「保健所の方や県職員、厚労省の職員の方も、みんな必死!困ってる。いい加減に気づいてほしい」と政治家に求めた。


もうこれに代弁されてますね。
多くの人が自民党はまずいと、声を上げないと財務省に忖度し、献金や権力に固執する自民党に国民は殺されてしまいます。経済はボロボロです。

さて、
私の昨日のブログに自民党支持者が、あの民主党よりも自民党は素晴らしいですよとコメントがありました。

今日は仕事忙しいので簡単に反論を書いておきましょう。
というか自民党支持者は私の中では「頭の悪いクズ」「日本が終わろうとしているのに気づけないおかしな人達」なので、本来は無視するんですが、デマを流されないようにピックアップしましょう。

アベノミクスで賃金や雇用が上がったんだ!
→下がってますね。また、パートなどの短時間労働もカウントしてます。非正規が増えて人件費が安くなったのでバイトを増やせたが正解です。これは雇用が上がったとは言えません。
名目賃金も実質賃金も増えてませんよ。この人はグラフとか読めないのでしょうね。妄想がひどい。これが安倍信者の特徴です。
またアベノミクス時代の統計いじったデータを参照されているようですが、改めて公開されているデータはこんな感じです。

FullSizeRender
悪夢のアベノミクス自民党ですよね?
公約もぜんぶ守ってませんね。

これに尽きると思います。

野党もクズです。しかし今はやばいので補正予算を組むために臨時国会を開けと言っているのに応じません。こんなき憲法違反政党はダメでしょう。

そして、この方に言いたいのは誰が武漢パンデミックを、緊縮をつづけたいから外国人様貢いでくださいと、愚かなインバウンドという乞食経済政策により、島国であるにもかかわらず多くの死者を出したのかを忘れていますね。


ちなみに同じ島国イギリスはブレグジットをしたばかりですので規制は間に合わなかったわけです。自らグローバリズムに進んでいくアベノミクスに国民は疲弊させられたわけですから、日本語使うのやめていただけませんか?

日本人のナショナリズムは持ち合わせてないやろ。


FullSizeRender


日本は政治が変われば国民は豊かになります。
(このまま自民党が続く限り国民の暮らしは豊かになりません。)

日本は自国通貨を持っています。円です。
誰が作って発行しているのか。政府です。
政府が公共事業や社会保障で、中央銀行に指示をして国債を発行したりする、別に国債を発行しなくても通貨として預金通帳に記帳して通貨を支払ってもいいです。
ですが国債は金利がつくので民間銀行の資金になるので保有したいわけです。ですから国債で通貨発行されるのです。
これがお金を作っている行為です。
見ての通り必要だから作っているんです。毎月決まったお金を作っているわけではなりません。誰からも借りているわけではありません。政府が国のために国民のために必要だから作るんです。というか中央銀行のオペレーションを見ればわかるので反論する人は理解していないということです。
それではお金を勝手に作りすぎたら通貨の信認がとか国債の信用とか大丈夫なのかっていう人がいますけども・・大丈夫なんです。自国で消費するだけなんだから。そういう国債を金融資産だと思っている人の理論を持ち込まないでください。純粋に財政支出という国家運営の話をしています。
それじゃ貿易とかはどうするんだよ。それは為替レートで(事実上覇権国である米国)基軸通貨のドル換算されて取引されているので、国民が心配する必要はありません。為替の市場が相場によって決めているんです。
ただしー。もし懸念があるとしたら、日本が輸入に頼って貿易赤字、つまりトータル経常収支の赤字が膨らんだ時には当然ながら円が弱くなってしまうので、そうならないように政府が自国通貨を発行して、防衛、産業、インフラ、食などの一次産業、国民の医療や生命や誕生を守っていかなければならないのです。
いいですか。供給能力が一国で盤石でなければ、大東亜戦争で何も学んでいないということになりますよ。他国に頼っている時点で安全保障としては脆弱です。しかも為替レートで円の価値が本当に下がります。輸入に頼る国は後進国といいリスクの多い国という理由がここにあります。レートの話は円高円安ですので、普通に考えればわかりますね。輸出国の場合は円高傾向。輸入国であれば円安傾向。足し算引き算の話ですから割愛します。輸出国を目指せというのではなくて、保護貿易をしても内需を充実させる国でなくてはなりません。
自由貿易をして防衛を他国に任せ、進んで属国になり、自国の産業を守らない。だから今の緊縮は日本滅亡まっしぐらなんですよ。これじゃ日本おかしくなっちゃうわってわかるから私は怒っているんです。
経済政策を理解しているものとしては、政治家が自分で自分の国を貧困化させているから恐怖を感じています。例えるなら自民党議員が自分で家に火をつけてるから怖いわけです。経済を理解せず、恐らくは献金のために外国や日本の富裕層のために売国をしている。自民党議員全員がやばいですね。
超積極財政をしろといっている日本第一党の公約の意味がわかっていただけたら幸いです。
これがケインズ的マクロ経済政策なんです。適当に行っているわけではないんですよ。中央銀行制度であり、国定信用貨幣論であり、機能的財政論です。総じて現代貨幣理論(MMT)です。
財政破綻する〜といって国債発行して国民を救うことに対して批判している株乞食のバカは、富を独占する前にこの国終わるんだからバカを露呈して批判してくるんじゃないよ。笑われるぞ人殺し。