熱海の土砂災害で被害に遭われた方のご冥福をお祈り申し上げます。

グローバリズムを受け入れ続け、安全保障を度外視してきた成れの果てですね。
ついにソーラー問題もここで来てしまったかという印象ですね。
今回は川勝知事も認めた通り、メガソーラー事業が引き起こした森林伐採によるものでした。
NHKが現場のイメージを使った時に、さも森林だけの手つかずの状態で印象操作をしていましたが、実際はごっそり木は伐採されていて、土砂が山積みされている状態でしたね。
そして、そのメガソーラー事業ってのは国民からがっぽりお金を巻き上げることができるので、事業者としてはリスクないんで(これってビジネスセンスがない企業しかできないw)とっても美味しい事業です。
だから不道徳な外国企業が入ってきて、日本の安全保障を度外視して、山を削り、田んぼをぶっ壊して、札束でデフレ貧困化している我々のツラをひっぱたき、銭ゲバくそビジネスで国民をころしているんですね。今だけ金だけ自分だけ。


再エネ賦課金

みなさんも電気料金票をチェックしましょう。


外国企業がメガソーラーにたくさん入ってきていますね。
株をやっている人は儲けたので、ツイッターなどで株価が下がらないように擁護しまくった人も多いと思われますね。それが不道徳というのですけど。
外資ソーラー企業



ガソーラーって発電コストが高コストでデメリットだらけ

太陽光発電では、発電のためのエネルギーは太陽から供給されるため、発電時のエネルギーコストはゼロですが、設備導入コストが他の発電方法と比較して高いため、発電に要するコスト全体で比較すると他の発電方法と比較して高くなっています。
発電コスト

じゃあなんで、こぞってチャイナや韓国のソーラーパネル会社が参入しているんだろう。


題なのは固定価格買取制度(FIT)で国民がメガソーラー発電会社の損失を補填している

固定価格買取制度(FIT)とは、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーで発電した電気を、国が定める価格で一定期間、電気事業者が買い取ることを義務付ける制度です。
対象となる再生可能エネルギーは、太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス発電の5つです。
そしてなんと、メガソーラーという不採算高コストの事業に対して、外資などを守るために、「再エネ賦課金」として、電力会社が買い取る費用の一部を、電気を利用する国民が負担しています。
国民をコロナで経済的に救うことはしないのに、消費税増税の手は緩めないし給付金支給もしないとか、さすが自民党としかいいようがありません。殺したいんでしょうね国民を。


題なのは「再エネ賦課金」の存在です
ソーラー事業の補填ですが、我々の電力料金に上乗せされてずーっと取られてるんですが、なんと今年からさらに高くなりましたよねー。
再エネ賦課金

今回のソーラービジネスって「高コスト低生産」電力ですから、存在自体は金食い虫なんですね。しかも環境を破壊する。
どんどん高くなってるんですねー。ソーラーやめろよ。
原発再稼働と治水エネルギーに投資しろよ。
これが国民のために投資するってことだろう。


再エネ賦課金


こうして毎年上がっています。

そしてこれを逆手にとって「小電力会社を賢く選びましょう」なんてやっていましたが、今年の初めの電力高騰をおもいだしてくださいね。
もう東京電力や関西電力から直接でいいんです。
その小売店の彼らも競争を強いられているようですよ。


市場連動型電気代高騰

なんと、2021年1月の電気料金が、通常の10倍、請求額が10万円を越える事案が発生しております。
要因は、日本卸電力取引所(JEPX)にて、卸電力価格が高騰していることです。

しかもセットで電力供給不足が起きます。風力や太陽光発電が代替エネルギーになるといっていた民主党・自民党すげーな。与野党グル。これがSDGsの潮流なんだとか。
当然、原発再稼働させないとまずいんですよ。

夏は定期で水をかぶり団扇で扇いで。
冬は湯たんぽを買ってダウンを着て寝る。
ってことですね。



力自由化って誰がやったのか?
竹中平蔵率いる売国自民党ですね。あえて売国と言っている意味わかりますよね?
国を売っているんです。

そして震災で原発の建屋で冷却装置が壊れて温度上昇で水素爆発しただけなのに、放射線がーってバカ極左が騒いだせいで、どんどん我々の暮らしは外資のために貢がれていることになります。詳細は以下のリンクをみてください。


日本第一党の瀬戸弘幸さんもこの問題と戦っています。
本当にまずいですね。国家安全保障の概念が一つもないという。自由主義と売国することだけで決まってしまっている。
問題の解決方法は、こんな恐ろしい与党の自民党に投票をしないことに決まっているでしょう?
もちろん立憲民主党・維新・公明なんてのもグルなので。
こういったビジネスをして税金で補填をして、外資が儲かれば、その分の献金という議員の懐が不正に膨らんでいく。
そして先生と呼ばれるんです。
本来国民を食わせるのが政治家なのですが、外国人富裕層を食わせるために政治家になっているので、
国民はどんどん貧く・・いや今回のコロナパンデミック、ソーラー開発による土石流を見ると、この国終わってんな。では済まされませんね。
みんながこの話題を井戸端会議で話して伝えることが重要なんですよね。
みんなの話術がこの国を洗脳から解くのかもしれません。
そんなことくらいしか言えんのよ。俺もさ。自民党支持者って馬鹿ばっかりなんだもの。


ということでこういうことを回避するために政府が金を使うのは当たり前です。
我々日本第一党の衆議院選公約です。
国民の安全保障を確保するために、「目標」に向かって「コミット」するということです。
もちろんこのロジックを掲げる。「経産省の新機軸」を支持します。


●「他国に頼らない」「安全」「クリーン」によるエネルギー政策を推進します。

発電の原材料が海水中に豊富にある日本で開発された新時代の「核融合エネルギー
国民を災害から守る治水ダムを利用した「水力発電」 など、「政治情勢で変動する 輸入資源に頼らない」
「国防上の攻撃ターゲットにならない」
「エネルギー自給率100%」
の発電技術を推進します。



こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。
ご協力よろしくお願いします。

人気ブログランキング