20210701 訂正:「重商主義」をいかにも拝金主義な言い回しで書いてしまいましたが、実際には重商主義こそが近代国家を作る上での地政経済学の肝でした。私はつかれていたのです(笑)勉強不足で申し訳ありませんでした。「拝金主義」に訂正させていただきました。
20210724追記:前段でこのブログを書いた背景を整理。





みなさんは、国家やナショナリズムや國體護持や保守思想というのをきちんと理解されていますでしょうか。
わたしも最近きちんと理解しましたが、まだまだです。
いちど誰も言えないだろう批判を書いて膿を出し切っていこうと思います。

旭日旗を適当に扱ってもとりま振ってればいいんだー!日章旗よりも旭日旗の方がおしゃれだー!なんかおれ旭日旗持ってる姿がネトウヨっぽくてかっこいい!とりあえず純血しか認めないぜー外国人は誰も彼も出て行けー!韓国はこっち向くなー!共産主義者はやばいー!安倍ちゃんかわいい!安倍さんは財務省と戦っているー悪いのは悪夢の民主党だー!プーチンにばらまいて北方領土問題語られなくなったり、竹島問題棚上げ、習近平招聘すしたり、日韓合意で謝罪したのも、戦略的に安倍さんには何か考えがあるー!安倍さんは外交の天才だー!自民党最高!勝共連合は宗教じゃないー反共思想だー!新自由主義が小さな政府で保守だー!お国のためにわがまま言わずに働けー!安月給でも文句言うなー自己責任だー!アメリカは日本のお父さんだー!自由貿易で国際秩序に入ってアメリカに日本を守ってもらおうー!神国日本なので中国に負けるはずがないー!オリンピック応援しない奴は反日だー!天皇の大御心とか政治利用するなー安倍ちゃんがやりたかった五輪のほうを優先しろー、天皇の国民を思う気持ちというありもしないデマに潰されてたまるかー!

これ全部間違いです。普通に考えればわかりますね。こんなに日本人ではない人間が日本人のふりしているわけですよ。もし日本人なのであれば馬鹿なんですかねあなたたちは。とう言う人が多くなりました。ちゃんと理解している人って日本第一党のちゃんとした党員さんや、まともな反緊縮の方くらいでしょうかね。
ちなみにうちの会社の同僚とかのノンポリのひとですら、オリンピックは確かにワクワクするけど、その前に緊急事態で人を制限してまでやるとか楽しめないでしょう。もちろんスポーツとしては応援とかはそれしかやってないだろうしみると思う。でもなんかよくわからない。最近変な世の中になっているね・・という普通の人がこれだけ違和感を感じている政治が続いているわけです。
ですからよく理解している人は末期症状と考えられるわけです。金持ち富裕層工作員がマンセーして全体主義をして、日本派の人たちが弾圧を受けている。いや私は逆におちょくっているわけですが、まあひどい惨状です。陛下を殴るとかいう正体を隠さなくなった統一教会の勝共連合世耕チーム関連?のクズインフルエンサーまで出てくる始末。
これは困ったことです。動きもせずネットでは勇ましい人が問題を拗らせて、最後は自民党支持者になっていく。気付いた時にはグローバリストのいいように振り回され、生活は苦しくなってもネトウヨ万歳とやっていく。しばき隊や自民党ネットサポーターは結局つながっているんです。国家がなくなればいいと思う一派なんです。共産主義は確かに危険です。それと同様に新自由主義グローバリズムも国家破壊でもっと怖いです。お金を持っているから共産主義を操れるんです。マルクスもレーニンもスターリンも資金提供があったのは新自由主義からの援助ですよ。
だからそれに対抗する国家とナショナリズムを理解することが必要なんです。

あなたが新自由主義がなんなのかわかってますか。小泉や枝野や世耕(元大臣がいましたねネット工作チームを作った)や竹中平蔵や橋下徹や安倍晋三や菅義偉のことですよ?あれ保守ではございません。ここを勘違いするから情報戦で負けるのです。

この間違いから多くの自民党支持者が反共産主義思想という実は新自由主義グローバリストの情報戦により洗脳されていってしまったわけで、こう言う人たちを「頭の悪い国家を破壊する戦後保守」といいます。それを知っていて竹中平蔵や高橋洋一や上念司や倉本などの政商量的緩和リフレ派や、有本香や加藤清隆や門田や小川榮太郎が政府からのキックバックもしくは新自由主義宗教系団体からのキックバックやパチンコ団体の統一系?からのキックバックを目当てに、楽チンな仕事をツイッターで展開しているわけじゃないですか。政府寄りの発言をするって儲かるんですよ。櫻井よしこさんはそうやっても受けたのは誰でも知っているわけですので、ポスト櫻井よしこ争奪戦です。
たまに適当な言論をかいていますがクソみたいな文章ですね。彼らは利益の奪い合いをネチネチやっているのでよく分裂をしていますね。でも元の鞘に収まったりするので、スポンサーがついたんですねーっておもいますね。嘆かわしいです。保守ってなんでこんなに安っぽいシンボルになったのでしょうか。それは自民党が政権をとって保守という高貴な思想を銭儲けのツールにしてしまったんですねー。保守は国を守るのが大前提なんですけどね。お金の匂いがプンプンする言葉になりました。日本を守ってきた八百万の神様たちが怒ったら、俺らだって連帯責任で巻き込まれるなんて嫌ですね。本当にいや。

ということで、ここまで侵略国に力を与えるチャンスを与え、国内を見れば政治と国民が腐敗してしまったのですから、この国は終わるのは近いわけですが、終わるにしてもちゃんとしよう!ということで、少しでも国民と言われる国がつくのに国家を理解してなかったらまずいでしょう。ということで論理展開をしていこうとおもいます。



前提として、国家とは特定の共同体が支配する領域のことですが、これについてもう少し掘り下げた定義をするならば、国家社会学の「マイケル・ウエーバー」「マイケル・マン」「ジャン・ベンローズ」の著述から整理することとします。

「領域国家」とは
 「国家」とは領土のことである。
 「領土」とは空間的概念である。
 「空間」とは人間の「生活に不可欠な基盤」「力の源泉」「自然と向きあうことで発生する感情的な力」である。

領域国家たる「条件」とは
 「場所」一定の意味を付与された「空間」であり、物理的な実在を基礎にした社会的な構築物である。
 「領土性」や「場所」とは「領土」であり、 「空間」とは、人間が地理的に区切って定義して認知している領土。この「空間」に対する支配権の主張することが「領土性」であって、支配権の実践を通じて「領土」は創出され維持される、支配権の実践が無効になれば「領土」は重要性を失い消滅する。
「統治機構」:領域国家はどうやって「形成」されたのか
 「我々(のもの)」と「彼ら(のもの)」を領土によって明確に区分する「統治機構」
 「領域国家」は「統治機構」により区分される=これは近代的なものであることに留意しなければならない。
 「領域的ではない統治機構」というものあって、「未開社会」や「領土を固定しない」には存在する。 その場合の定義は「領土」ではなく「血縁」である。=モンゴルの遊牧民
 「統治機構が領域的」であり、かつ「領土が固定的である場合」であっても、 領土が必ずしも排他的ではない場合もある。=中世ヨーロッパで、一つの「領土」内に、国王・封建諸侯・教会など政治的権威が複数存在し分立重複した。
「主権国家」領域国家を守る上で必要なもの
 近代的な政治システムにおいて、政治的権威が領土内で単一の公的権威として統一されている。
 公と私という領域を分化し、公が私を”正当化された強制力”の独占をする。
 国家の内と外という領域を分化し、内に対しては法により国内社会平定し、 ”正当化された強制力”の行使で外には交戦権を発動する。
 血縁や封建などの多元権力で紛争が絶えなかった中世にくらべ、近代の主権国家は法や制度のシステムにより政治秩序を有するため平和的である。

地図


ー続くー
とあるプロジェクトで憲法と向きあっていまして、憲法とはその国家を構成する柱であるのだから、その解釈において国家観や思想や哲学というものを持たなくてはならなくなった。
かといって誰かの適当ぶっこいた宗教的合理的心理には、たとえば神がこの世を作ったので信じなさい。神を信じなさい。
となると、自分のアイデンティティすら意味をなさないものと誤解してしまい、人間自体を軽視し、気分で殺しあうことになる。
宗教といふのは人間を支配者が監視をするための規律を経典で暗示し、恐怖させることで戒律を与えるわけです。彼らの目的は信じると人生が救われるという合理性にあるわけです。
しかしながら、よくよく考えれば、文化も宗教さえも、国家という共同体がないと誕生し得なかったのは明白で、まずもって言葉がないと伝承できませんし、
人が集まる共同体が存在しなければ宗教とは組織をつくるという、体をなすことができません。
そういう起源にまつわる「根本」を理解することは重要で、人は考える生き物ですから、歴史を直視してきたということが、社会学という哲学の正当性の裏付けとなります。
得体の知れない神が言っていたので信じる。という合理主義に目を向ければ、現代において宗教の原動力は拝金主義つまり金であり、いかに政治に結びつけるかが、日本においては観察できるわけです。
もちろんキリストもイスラムも、そして日本では仏教もいかに朝廷に組するかの歴史をみれば理解できるでしょう。
完全否定ではなく結局のところは宗教というものはそういうことなんですよ。でも教えとしてはいいよね。という捉え方が重要なわけです。
宗教組織のヒエラルキー最下位の信徒たちが原理主義として、信じることに快楽を覚え、正義という価値判断を間違い、平気で人を殺せるということが、現代の問題となっていることは明白である。いや今は統一教会勝共連合の自民党支配(別に創価でもあるでしょう)で見えてくる、商業主義による国民経済の殺害にシフトされている。
安倍晋三の「国境をなくします。世界の富裕層の皆さんは日本で大いに稼いでください」というあのダボス会議での一言に集約されているわけですね。

「根本」を理解しなくてはらない。つまり宗教的な意味づけによる「人がどうやって創造されたのか」ではなく、その分野はエビデンスによる科学が証明するわけで、社会を生きる我々としては、人はどうやって生きてきたのかが本来重要なわけです。
たとえば古事記を見ても「国生み」が重要なわけではなく、その後の社会形成にまつわる神話が重要なのはいうまでもありません。そこから人は学ぶわけです。人とは道理では説明できない不完全なものであって、そういうなかで国家とは様々な人の業や秩序や道徳が切磋琢磨して気づかれていったのかということが記されている。
それがその国の神話や伝記や歴史に学ぶということです。生きてきた、生きていく、という「活物」により、世の中をビルドしていくうえで必要なことなのです。実際に何かを始めるときにはどうやって作ったのかという経緯を知ろうと考えますね。

宗教は国家形成の後に作られるが、宗教は国家を利用し国家を破壊してきたわけです。
インディアンの共同体を破壊したのはだれでしょう。マヤなどの文明国家を侵略したのはだれでしょう。
そういう歴史に裏付けされた生きた思想、つまり真の「プラグマティズム」が、一人一人がやるべきこと、洗脳されてしまっていることを気づかせてくれるわけです。
ということで、世界は神が作ったというわけのわからない宗教を一回否定して、次のステップの歴史に学ぶという趣旨により、国家社会学という生きた学問の観点から、中野剛志さんの著書である「富国と強兵」に記述のある重要な内容について書いてみたいと思います。
この本は、読めば読むほど深く、本質が理解できるもので、私が紹介する内容は、ほんの一握りのキャッチーさを加味した内容です。
このことに感銘を受けた方におかれましては、是非ともこの分厚い本を繰り返し読んでいただければと思います。

それではなぜその簡潔な内容を紹介するに及んだかといえば、政府自ら「主権国家」を否定して「国際秩序」の「自由貿易」で「国防」を担保できるという無責任な幻想により「売国」を行い、「資本主義」を「株主至上主義」に悪用して稼ぐ「マーケットの住人」つまり生産労働を放棄してあぶく銭を強奪する「株乞食」が「国民経済」を食い物にするという「今だけ金だけ自分だけ」という「ナショナリズム」の崩壊により、現状の日本が、本当の意味で「国家存亡のの危機」に瀕しているのは、云うまでもありません。
「今だけ金だけ自分だけ」という多国籍脳が支配しているわけですが、どこでも稼げるという概念は愚かであるということ、国家に守られることの意味を理解してもらう必要があるのではないか。
ナショナリズムが重要なのは、なんとなくは理解していても、本質を知らないのであれば、今回の五輪と国民の安寧に対して本当の「主権者」たる「天皇陛下の大御心」さえも不敬に否定され、国家の意味よりも人が統治のために作った「憲法至上主義」という詭弁を利用し、うわべだけの極論の対立に利用されてしまったわけです。

従って、ただしく「国家」のあり様、「日本のナショナリズムは稀なもの」であることを含め、何回かにわけて要点をブログで書き示したいと思います。
ここでは「国家」における「国防」が重要であることを明白にすることを目指します。

もちろんご安心ください。
以下の内容は私の考えではなく、先人の素晴らしい研究成果を、中野剛志氏が「こりゃ日本がまずいぞ」という危機感から書き示したものを引用しておりますので。




富国と強兵―地政経済学序説
中野 剛志
東洋経済新報社
2016-12-09




憲法義解 (岩波文庫)
博文, 伊藤
岩波書店
2019-06-15



こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。
ご協力よろしくお願いします。

人気ブログランキング