世界は誰かの仕事でできている

やべーー。これ「たかさん
@ ta_ka270」という絵描きの方が無償で経済クラスタの皆さんをアニメ化して応援しているんですねー。その中ででた名言(ジョージアでしたっけね。)
まさに「世界は誰かの仕事でできている」わけです。感動すら覚える。
あ、私もツイッターやってる頃はですねー。
悪口ばっかり書いてましたけど、この中に一回だけ加えてもらってたんですよー(自慢w)
ここのひとたちは経済理論の猛者の方です。
絡まれても道徳心で勉強と周知をしているわけですねー。

さ、それでは本題です。
本質と徹底批判をしていきたいと思います。


<ベーシックインカムとは?>
国民に対して政府が最低限の生活を送る為に必要な額の現金を定期的に支給する政策で、国民配当/基本所得保障/最低生活保障と呼ばれる場合もあります。
また、生活保護と明確に区別するために、ユニバーサルベーシックインカムを略して、UBI(Universal Basic Income)と呼ばれる場合があります。
その他の政策との大きな違いは、「失業保険」「医療補助」「養育費・子育て支援」等の個別の名目ではなく、保証を一元化して「国民生活の最低限度の収入(ベーシックインカム)を補償する」ことが目的です。

<ベーシックインカムのメリットとは?>
どうでもいいことばかりです。
全ての社会保障を一本化して7万の中でやりくりしてくれという制度であり、行政が楽になるだの、国の借金を少なくすることができるという、どうでもいい理由ばかりですね。
あと、働きたくない人には黙ってても7万円はもらえますが、その分失業保険は組み込まれていますね。社会保障費というのは生活保護も含めた公的扶助も含まれますので。

<ベーシックインカム のデメリットは?>
年金が経済的動向を踏まえ、徴収と支給額を「マクロ経済スライド方式」で変えてきており、文字通り不景気である現在では、生活保護をもらった方がいいというレベルにまで落ち込んでいますし、支給世代になっても支払い続け、現役世代はたっぷり徴収されています。
そしてこの年金で支払っていた分の差額を政府は企業へのしわ寄せにより徴収し、企業は労働者の分配額を少なくするという構図は見えてきます。
また、個人の責任が大きくなります。大怪我をしたりしても自己責任となりますね。いまは「怪我をした場合は負担増とならないように健康保険の上限制度や様々な補助が受けれますが、これがなくなります。
みんな民間保険で様々なオプションをつけないと生きていけなくなるんだ・・・

おーーーーっと忘れていました。病院は満額取られまーす。100%負担でございます。
アメリカでは歯医者にいくのに何百万とかかるそうですよー。ここ見落としがちですね。さざなみ笑笑

ねーーーー。アッブないでしょう。
もらえることばかりに注目されてしまいがちですが、
もしもの時には恐ろしい現実が待っているわけでーす。やめましょーーーー。
あぶなかったですねーーーー。
おれもちゃんとしらべてびっくりーーーー。

ベーカム

誤解している人もいるかもしれないので補足しておきますが、
今は国家存亡の危機。応急手当が必要です。
アメリカは何をしていますか?
お金を給付しているんです。そうです。ベーシックインカム ではなく、社会保障とは別に与える給付金で生活を維持させ守っているわけです。これがあるべき姿です。
とても7万円ではたりませんよ。

巷ではベーシックインカム を導入してばらまけー!という議論が起きています。
冷静に考えてみましょう。
政府が公共投資をを積極的に行い、お金が民間に公共事業という形で回れば、労働者の給与所得が増えるのはもうすでにお分かりかと思います。

そして社会保障費に関しては以前私のブログでもお伝えした通り、解決策は政府の支出で問題ありません。というか先進国で日本が社会保障費ゼロベースのアメリカについで、竹中平蔵さんが中心となって、外資を儲けさせるために削減・そして徴収額負担を肥大化しているわけです。

これを読めばバカな自己責任論者に打ち勝てるはずでーす。専門家の意見も現実も財源の真実も網羅しましたので、これ否定したらただのバカか株乞食なので相手にしないでいいです。

さて、ベーカムは不道徳な富裕層や、リベラルと言われる中指突き立て系の国家否定の人たちが推進をしていますね。以下に挙げておきます。

ましてやMMTやポストケインズを理解していると思われた人たちも、BIを推進して、JGPという景気の呼び水政策までを否定している。本当に働くのが嫌なんでしょうか。ニートに進んでなる人って国家観がないからできるんですねー。もちろん体が不自由な人や年金世代を、我々健康な人たちが財源は別ですが働いて支えているんだ。ということがナショナリズムを醸成するわけなんですけどねー。
そういう国民統合一致団結という正義を否定してしまっている。
これでは現代貨幣理論を理解しているとはいえないんですよねー。

それではくだらない人たちの言い分を興味のある人はゲテモノを見る目でご覧ください。
錚々たるゲテモノメンバーですね。
・竹中平蔵はこれを外資の食い物にするために考案した。
・ひろゆきは株価と年寄りが大っ嫌いという狂った思考から考案している。
・実業家ではなく単なる博打屋のホリエモンは金融資産で遊んで暮らしているので世の中なめているだけです。遊んで暮らせる?人の金強奪して増やして泡と消えていっても悪びれない。俺の金と言い切る。てめーの金じゃねーよ、株で奪った金な。ソレ。
・橋下徹・日本維新の会は道州制のため、国家分断のため、カジノ利権のため、自己責任論のバカな国家観も貨幣観もない異常者の集まるB層の支持をえるため。


労働をナメくさって国家否定するMMTの本質を理解してないのに経済を語る馬鹿へ
さて、MMTを根拠に反緊縮運動をしてきた中で違和感しかなかった人たちが、やはり丸っとベーシックインカム推進派に行きました。予想通りの展開ですね。よく国家観をベースに貨幣論を語っていると、お前なんなん?という議論や反論をされていて、しばき隊の香りプンプンしてましたからね。
ということで、やぱりそうなったかお前ら。に対する私の論破をしてやろうかと思います。
さんざん日本第一党への誹謗中傷をされましたので、正論で切り崩していきたいと思います。
勉強の量が違うのだよ君ら救済願望しかないリベラルとは。

それではBI論者にナショナリズムとケインズ的マクロ経済の運営について教えてあげよう。
国定信用貨幣論をベースとした現代貨幣理論というマクロ経済はナショナリズム、つまり国家における通貨を主軸に統制していくことが必要なのだから、自由を求める国家否定のリベラル自由主義が、国家に貢献することなく、ヘリマネだのバラマークだのBIだのと、「お金は無制限にいくらでもすれー」と言っている時点で、国民国家の基盤である労働の義務を理解していないわけで、みんなが国家の一員として労働を軽視してしまったら国家は繁栄しなくなり、株乞食や働かないギリギリ生活しているような国力低下の源のBIで生きている人ばかりになってしまい、労働者の生産する付加価値に「ただ乗り」することになり、それこそ先進国の条件でもある弱者救済のための「福祉国家」など目指せなくなる。
財源は金を発行すればいいわけではないです。供給力はどうするの。つまり誰が介護するのだろうかということです。重労働を含めAIの活用もあるでしょう、最終的な身の回りのキメ細かいことはできません。人と人とが接して介護サービスは実現するわけです。

物事は根本をみないといけません。このBI論者がつねにいう屁理屈は、「金はいくらでも発行できるのだからベーカムは需用を上げる」とのことだが、そうなれば経済活動としては健全ではなく、付加価値から派生する労働対価という所得から得られるものではないため、それと並行して供給は不足するということを理解できていない。GDPの三面等価の原則も理解してないのだろう。MMTには書いてないからね。本当にマクロ経済を理解しているのか甚だ疑問です。金融のオペレーションだけが経済の常識ではないですよ。付加価値やらGDPについてもう一度学び直してくださいねー。

「労働しないから物が作れなくなっている供給不足による物価上昇」が一番の悪政インフレであり、それはレバノンのデフォルト現象プロセスで学んでいるはずなのに理解していない、自分のことしか考えていない超個人主義リベラルの「楽したい」というニート&ピースの発想であるわけです。
  • もっと供給サイドに金を回して仕事作れよ!(実質賃金の向上)
  • 働かせてくれよ!(雇用の改善)
  • 稼がせてくれよ!(生産性の向上)
  • そのために財政支出して貨幣を国民に回せよ!(積極財政)
というのは本来あるべきポストケインズの思想であって、健全なマクロ経済なんですね。
働かないで稼ごうとする人たちは、BIを主張している時点で株乞食となんら変わりありません。
精神論でもなんでもなく、国家という基盤のうえに通貨という貨幣が規定され、その国家内で自由に生産や流通をして貨幣を増やしていく。そういう根本を理解していない、「中指を立てて差別やめろー」といってしまう人権や自由を履き違えているバカが、経済クラスタの中で工作活動をしていることも見逃せない事実です。

まあどうやってこういう変なのと区別するかは、MMTの上っ面を語って、我々日本第一党を差別政党とディスっていた人たちですね。経済的根本思想よりも生理的主義が上回ってしまう人たちです。
全てにおいて池戸万作や蝙蝠薔薇の周りですね。名前はあげないけどあの当時ディスってたのと間接的に応援してくれていた経済クラスタの皆さんの明暗は分かれたと思いますし、おれは閻魔帳を常に抱えているので田中信一郎以上にリストに入れているのでお忘れなく。
お前らは総称して竹中平蔵チームということでいいとおもうよ。



こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。
ご協力よろしくお願いします。

人気ブログランキング

富国と強兵―地政経済学序説
中野 剛志
東洋経済新報社
2016-12-09


MMT現代貨幣理論入門
L・ランダル・レイ
東洋経済新報社
2019-08-30