足元を見られているというのはこのこと。
20年前の日本では考えられなかった醜態。
緊縮とグローバリズム売国は、政治家個人の利益にはなるが、国家の威厳は地に落ちる。
だって世界からは「国を売る」政治家なんて「馬鹿」としか思われないでしょう?

もっと馬鹿なのは、自民党を支持してきた「是々ヒッヒー支持者」だけどね。
まあ「株乞食」と「頭の悪い合理主義B層」なんだろうね。
こういった輩と会話をしていても、国家前提ではなく、その方が合理的〜とかってキーワードを多様するんですよ。合理主義って洞察怠慢主義ですからね。
「国際秩序でアメリカが許さなーい。安倍ちゃんは外交のてんさーい」
っていってた馬鹿どもは、コロナパンデミックを蔓延させた安倍外交について、いつ我々に謝罪してくれるんだろうか。俺にはいいから志村けんさんには謝罪してほしいね。上念司さん。




日本の民間は頑張っているが緊縮によるデフレですから余力がない。
政府は補助金は出さんでしょう。緊縮なんだから。ばーーーーーーーーーーか。
民間の努力がーーーーーーー、国際競争力がーーーーーーーーーー、自助がーーーーー。
って、政治家がいう言葉ではないんだけどね。
普通国家は民間を守るんですけどね。そのつけが「ファイザーという民間企業に舐められる日本政府」って構図を作ってしまったのだよ。これ現実なんですよ。ストックホルム症候群を患っている売国自民党支持者のみなさんは、この状況に上がるのでしょうか?
気持ちが悪い。

政治はビジネスではないのだよ。国家を守り国民の権利である生活と命を守るためにあるのだよ。

国防を緊縮で怠って尖閣からつぎはどうなることやらって状況で、政治が売国グローバリズムに買収されて次から次にカジノ系の贈収賄が浮き彫りになる自民党の状況で、それでも「自己責任」と云ってしまう株乞食支持者がたくさんいる自民党腐敗政治に対して、国民の自浄作用はいつ働くのだろうか。

そろそろ日本が、「中華人民共和国大和(倭)省」になる日って、後何年なんだろう。
・尖閣占領
・中小企業M&A法
という、普通絶対に国民は怒るよね?普通支持しなくなるからやらないよね?
っていう政治判断をやっていても支持されてるんですね。恐ろしい国です。

明日、中共の人民解放軍が東京を占拠しても、
自民党支持者「安倍ちゃんがなんとかしてくれる、アメリカが黙っちゃいなーい」
人民解放軍「こいつ馬鹿なのか?使えそうにないから銃殺」
ってことになる前に少しは抵抗しなさい。
それが洞察力ってことですよ。もう遅いけど。

侵略


こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力が上がります。
ご協力よろしくお願いします。

人気ブログランキング