ボイコフ氏は、聖火リレーの出発地に福島を選んだことは「この儀式の偽善や害悪、ばかばかしさを際立たせただけでなく、五輪に向けて突き進む日本の問題の縮図でもある」と主張。「もとは『復興五輪』をうたっていたが、現地の多くの人は復興の遅れを理由に五輪を非難している。(復興の)財源は五輪の準備のため東京に振り向けられた」と指摘した。

さらに「五輪はパンデミックを悪化させかねない。開幕時にも日本国民はワクチン接種を終えていないだろう。海外から来る何千人もの選手やコーチ、記者らは誰もワクチン接種が義務付けられていない」と述べ「80%もの国民が中止か再延期を支持している」現状を解説した。


おい、人様の国に対して正しいことを言いすぎじゃねーか(笑
震災の『復興五輪』という世界の人に大義名分を突きつけオリンピック開催にこぎけたのに、実際は、
・政府は緊縮で国民を殺したいので財務省はじめ金を出さない。
・東京都の潤沢にある資産を小池百合子という卑怯極まりない日本政治腐敗が生んだクソババアは、自身の政治駆け引きで目立つ目的、つまり選挙公報として連日メディアに取りざたされるなど公費を無駄に使った。(東京都は政府のように貨幣発行できないのに無策だった)
・東北復興に財政出動など投じてはおらず、逆に「復興税」という税金を被災者に課している。
・東北復興に財政支出など投じてはおらず、TPPなどの自由貿易で、一番被害を受ける「農業や漁業や林業」などの一次産業を犠牲にしたが、東北の主要産業は「一次産業」だ。
・緊縮を続け医療業界も疲弊してきたから自国でワクチンを作ることができない。
・相当大企業でも株主至上主義のいる株主利益強奪(株乞食圧力)により、大企業は技術革新やら研究はできなくなっている。というか人材を解雇することが宿命となっている。
・政治家は七光りバカ息子政治家ばかりで、下衆の極みの国境をなくす売国安倍晋三や、お馬鹿の極み小泉ずんじろうのように、わっしょいされるのが大好き。そんな誰かの利権や名誉欲で行ってしまう五輪だからこそ、不祥事が相次いで発覚する。ようはそこには「公の道徳」というものがない、つまり日本の腐敗政治構造が世界に露呈したわけです。

これでは日本国民は一致団結なんかできるわけがない。それが自民党の目的だったのなら大成功だろう。ふざけるな。
なにが「絆ジャパン」だよ。「売国ジャパン」だろうが。

という皮肉を、外国様から言われないとわからなくなってるんですよ。
この日本というのは、それほど自民党が国民を顧みなくなっている。
はやく自民党が自滅してくれないと、この国は終わってしまいますね。

安倍オリンピック

なんで、こんな馬鹿な政治家ばかりが政治をして、世界から嫌悪されてしまう国になってしまったのだろうか。


こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力が上がります。
ご協力よろしくお願いします。

人気ブログランキング