こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。
ご協力よろしくお願いします。

人気ブログランキング



春節安倍

安倍さんが武漢肺炎騒動を隠匿して、インバウンドのために、支那人の皆さま、日本へようこそ!春節ウエルカム!ってやったのはちょうど昨年の今頃ですね。


このころ台湾は支那からの入国を禁止にしました。これが正解であって、日本第一党の桜井誠党首は街頭演説を頻繁に行い訴えかけていましたね。

私は人間ができていないため、自民党の議員に陳情して「MMTを教え、国の借金はデマであるから、財務省の権力を奪って、積極財政に転じるよう進言します!自民党の議員様が頑張らなくて誰が頑張るんです!応援してます。」なんて気の遠くなる、ばかばかしいことはしません。


いやそれでも、投票するかは別として、このコロナ渦の影響で経済状況が逼迫している皆様は、議員に対して徒党を組んで「助けてくれ」と陳情は絶対するべきです。もしかすると「失われた粗利補償」といってくれる議員もいるかもしれませんね。票をチラつかせることが大事です。

ということで、結局私はそういうのが見えているので辟易しているわけです。
従って自民党討伐運動を展開をしていきます。
それはなぜか?

コストカットや身を削るなんてMBAを読みましたっていうビジネスマンのような議員や、
世襲でなんの苦労もせず、ただ地盤を引き継いで、その地盤の怪しいおっさんのいうことを聞くだけでなんの不自由もなく社会を生きてきてしまった、つまり国民社会の苦しみなどを見ることなく、政治の駆け引きの話だけを経典としてきた世襲議員、
我は保守なり青山なり!佐藤ヒゲなり!長尾なり!三原ずん子なり!といっておきながら、移民には賛成をする、消費税も減税パフォーマンスはするが賛成者名簿には◎がついているっていう、モラルハザード全開の選挙に当選するために党執行部に逆らえない議員ばかり。

これはアメリカに守られ自民党と社会党の仲良く中選挙区制において、いい配分で議員を輩出して憲法改正できないようにしましょうねっていう、責任回避の「55年体制」を続けてきたわけですが、冷戦だったのでアメリカに守ってもらえていたのでいろんな問題は内政だけだったから許されたわけですね。
しかしベルリンの壁ロシア崩壊により冷戦構造が壊れたときに、日本はアメリカから守られてきた立場からアメリカから開国要求される立場に変わったわけです。親米保守が震え上がったかどうかは、いうまでもなく今の自民党信者を見ればわかりますが、トランプ様でございまして。自民党はアメリカの政党だと勘違いしているわけです。

バカですよね。「アメリカは日本のお父さんだ!」って本当にいってた言論人がいたんですから。
お花畑が広がって、風船を持って、ミツバチを追いかけっこに夢中になって、先の崖に気づかずに落ちていっているわけですね。

知らない方に説明をすると「55年体制」とは、1955年に行われた、中選挙区制で自民と社会でうまく票を分け合おうね!っていう合意をしていたわけです。
それでも自民党には派閥があって政策議論をしていたんですよ。

話を戻しますが、それでも今までアメリカの秩序の中で生きてきた日本ですから、属国根性は抜けられず、日米構造会議で、日本の資本主義や通貨の主権までも、アメリカ様の利益に従うという方針にしました。

ですのでこの55年体制はそのままでもよかったのでしょうが、悪いことを考える奴はいて、意味をなさない。といって「中選挙区制をやめて小選挙区制にしよう」となったわけです。
これって力がある政党が勝てるということになりますね。
ですがこの政治改革は悪い意図があったわけですし、誰かの思惑通りに自民党がおかしくなっていきました。
それは「自民党の公認権」「政党助成金配分権」によって党中央幹部の権力の肥大化が始まりました。トップダウンというのはやはり問題があるわけです。これによって派閥による政策議論ができなくなりました。「総理に逆らってんの?ということになるからです。」

小泉純一郎が「自民党をぶっ壊す」といったのは、自民党のまだよかった55年体制で派閥でなんとか政策議論をしていた、意思決定がおかしいことにならないような部分を壊す。つまり郵政民営化をするためだけに、トップダウンで他の議員に文句を言わせない体制に変えてしまったわけです。
簡単にいえば、売国政策を反対されない組織に変えてしまったわけです。
ネオリベって言葉はうまいし、利益のために生きているので、国民にとっては本当に恐ろしいんですよ。

これにしっぽを振る議員しか残れないわけです。
これでは真っ当な党内の政策論争などできないわけです。

小泉の頃に「経済諮問会議」を作って、国民が選挙で選んでいない民間人、つまり竹中平蔵という恐ろしい悪魔である民間議員を入れてしまったわけです。
官僚も政策提言力もあり産業を保護する立場ですので抵抗します。そうすると「内閣人事局設置」(2014年安倍が導入)で抵抗する官僚を左遷することができるようになりました。
これを悪用しているのは菅義偉です。農林水産省はこれで壊されていきましたね。
内閣命令で官僚に精査させる。竹中平蔵は儲かる仕組みをしっているので自分の利益最大化をしていく。

そしてこの権力をもっとも集中させたのは、安倍晋三ですね。
「産業競争力会議」「規制改革諮問会議」などを付け加えましたが、ここに名を連ねているのは、会社経営者、外資の工作員、高橋洋一の会社の政策工房株式会社経由の民間議員です。
政策工房は米国商工会議所の窓口となっています。ようは、アメリカの産業で日本でビジネスをしたいときに優位に進めるために、政策を提言するために存在します。
ここで「政務調査会」「部会」などの議員の政策提言は一切機能しなくなりました。
議員政策提言能力自体機能してないので、自民党議員なんて要らないですね、国民の声が反映されないんですから、「代議制民主主義」でもなんでもないです。
トップダウンで竹中平蔵が政商活動としての売国立法が迅速にできる体制が整いました。

例えば「農協を解体」「種子法廃止」「水道民営化」などは、国民の食の安全やインフラといった国民を守ってきたものを、外国資本でも参入しやすくするために法律を変えてしまったほうが、独占寡占できますから。国が外国の企業利益のために法律を通してしまっている現状があるわけです。だって水道民営化って誰が得するんですか?外資のヴェオリアっていう会社なんですよ?そうすると富裕層は先にヴェオリアの純資産が一気に上がることを察知していますから、株を買いまくる。結果的には、アベノミクスの成長戦略である、「富裕層を守り、一般国民のお金を搾り取ろう」ということなんですね。

これに反論できる人いないと思いますよ。実際そうなってるんですから。

従って、こうやってどんどん世襲議員が米国や日本の経団連の富裕層から献金やら、安倍さんや菅さんはビジネスの才能があるなー。と褒められたくてやっているわけです。
でなければ安倍晋三のダボス会議での「国家の壁を取り払う」なんていいませんから。


支那中共に侵略されないために日本がすべきことを提言
●プライマリーバランス黒字化目標の撤廃
●財政法・財務省設置法の政治的介入の文言をすべて消去、財務省は憲法を超えることを認めず事務会計処理に徹することと明記
●財務省から国税庁つまり警察能力を奪うこと。これだけでもだいぶ権力を握れなくなります。
●MMTの貨幣理論を全ての国会議員に学ばせる必要があります。MMTでなくてもいいです。ケインズの理論だけでもいい。さすれば国防費が支那と100倍も差がつくとかありえません。支那は財政支出をすればGDPが伸びることを理解していた。そして日本はGDPで抜かれたわけですが、その頃から日本の5倍×20年も続けているわけで、こんなに戦力差が開くなんてありえませんから。戦争は軍事バランスが崩れた時に怒る。今がそうなんですよ。誰のせいですかね?
●主流派経済学者は政治に介入させないこと。政治介入を悪とする常時緊縮という道徳心のない経済学など国民を殺すだけです。
●世襲議員の廃止。バカしかいないので。
●内閣の諮問会議をすべて解体。なぜなら議員立法よりも民間議員の提言のほうが立法率が高い(8割を超えているがすべて売国的な政令、法律が通ってしまっている。)
●公務員報酬の待遇改善のため、内閣人事局の権限を弱体化もしくは無くして、その産業の専門家である官僚の政策提言力を鍛えること。賃金をもっとあげれば不正はおきません。その産業の声を進言陳情すると左遷されるって、国民の声を聞かず富裕層の声だけ聞いてるわけですから、田中角栄が生きていたらブチ切れて大暴れしまっせ。
●日米構造協議で米国の属国根性丸出し、反面、経団連の献金を目当てにしているので支那中共の工作員を政府に進んで入れている。もうこの自民党は変わりません。ですから自民党を弱体化させるためにも国民は投票をしないことです。それは自分を守ることでございますよ。
●国民が変わること。もういい加減やばいって気づかなかったら人としてどうなんですか?って領域です。



ちなみにバイデンをパヨクだのなんだのっていっている間に、彼は対チャイナへの危機感から、積極財政でインフラを強化すると明言しています。
もうヨーロッパでもこの路線にパラダイムシフトをしていますが、日本だけじゃないですかね?
コロナ復興税15%なんて緊縮をして国を貧困化させようとしている国って。
馬鹿馬鹿しいにもほどがある。何が財務省のせいだよ。自民党のせいだろうが。


さあ、皆さんも
自民党に投票をしないことで日本を支那中共から守りましょう。
もう何年日本を取り戻すってやってきたんだよ。
取り戻しちゃいねーじゃねーかよ。
竹島も尖閣も奪われてんだぞ?
それは緊縮を続け、小さな政府を目指し、国防に予算を入れてこなかったからだろうが。

何が保守なんですかね?
あべちゃんは可愛いんですか?
どうもあなた方安倍信者は、気持ち悪いものを感じます。
笑いながら国民を殺してきた総理が可愛いってありえんでしょう。
もう少し、自民党の頭を使っていない信者の皆さんは、論理思考や国家観や貨幣観について知識や思考のブラッシュアップをしてくださいよ。

お前ら愚民のせいで日本が終わるなんてことさせねーからな。




自民党の消滅
三橋 貴明
ベストセラーズ
2020-06-26


富国と強兵
剛志, 中野
東洋経済新報社
2016-12-09




こちらクリックしていただけるとブログによる周知・拡散力があがります。
ご協力よろしくお願いします。

人気ブログランキング