あまちゃんブログ

やあ!僕だよ!

2016年11月

→centos7(nfs-client)からcentos6.8(nfs-server)へSSH接続してnfsサーバの設定

[root@amachan-nfs ~]# ssh 10.0.1.30
The authenticity of host '10.0.1.30 (10.0.1.30)' can't be established.
RSA key fingerprint is *******************
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '10.0.1.30' (RSA) to the list of known hosts.
root@10.0.1.30's password: 
Last login: Mon Nov 28 23:28:47 2016

[root@amachan-nfs ~]# uname -n
nfs01
[root@amachan-nfs ~]# yum -y install nfs-utils
読み込んだプラグイン:fastestmirror, security
インストール処理の設定をしています
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: www.ftp.ne.jp
 * extras: www.ftp.ne.jp
 * updates: www.ftp.ne.jp
base                                                                                                                                                                                                                   | 3.7 kB     00:00     
extras                                                                                                                                                                                                                 | 3.3 kB     00:00     
updates                                                                                                                                                                                                                | 3.4 kB     00:00     
パッケージ 1:nfs-utils-1.2.3-70.el6_8.2.i686 はインストール済みか最新バージョンです
何もしません

→たまたまzabbix入れたときにはいってたけど、yum -y install nfs-utils で一式インストールができます。

[root@amachan-nfs ~]# mkdir -p /exports/data
[root@amachan-nfs ~]# chown nfsnobody:nfsnobody /exports/data/
[root@amachan-nfs ~]# vim /etc/exports 
[root@amachan-nfs ~]# vim /etc/netconfig 
[root@amachan-nfs ~]# /etc/rc.d/init.d/nfs-server
-bash: /etc/rc.d/init.d/nfs-server: そのようなファイルやディレクトリはありません
[root@amachan-nfs ~]# service rpcbind start
[root@amachan-nfs ~]# service nfslock
Usage: /etc/init.d/nfslock {start|stop|status|restart|reload|force-reload|probe|condrestart|try-restart|condstop}
[root@amachan-nfs ~]# service nfslock restart
NFS statd を停止中:                                        [  OK  ]
NFS statd を起動中:                                        [  OK  ]
[root@amachan-nfs ~]# service nfs start
NFS サービスを起動中:                                      [  OK  ]
NFS クォータを起動中:                                      [  OK  ]
NFS mountd を起動中:                                       [  OK  ]
NFS デーモンを起動中:                                      [  OK  ]
RPC idmapd を起動中:                                       [  OK  ]
[root@amachan-nfs ~]# service rpcbind status
rpcbind (pid  1116) を実行中...

[root@amachan-nfs ~]# chkconfig --list
abrt-ccpp       0:off 1:off 2:off 3:on 4:off 5:on 6:off
abrtd           0:off 1:off 2:off 3:on 4:off 5:on 6:off
acpid           0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
atd             0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
auditd         0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
autofs         0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
blk-availability 0:off 1:on 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
certmonger     0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
cgconfig       0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
cgred           0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
cpuspeed       0:off 1:on 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
crond           0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
cups           0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
haldaemon       0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
ip6tables       0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
iptables       0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
irqbalance     0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
kdump           0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
lvm2-monitor   0:off 1:on 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
mdmonitor       0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
messagebus     0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
mysqld         0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
netconsole     0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
netfs           0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
network         0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
nfs             0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
nfs-rdma       0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
nfslock         0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
ntpd           0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
ntpdate         0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
numad           0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
oddjobd         0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
portreserve     0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
postfix         0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
postgresql     0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
psacct         0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
quota_nld       0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
rdisc           0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
rdma           0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
restorecond     0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
rngd           0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
rpcbind         0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
rpcgssd         0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
rpcsvcgssd     0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
rsyslog         0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
saslauthd       0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
smartd         0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
sshd           0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
sssd           0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
svnserve       0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
sysstat         0:off 1:on 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
udev-post       0:off 1:on 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
winbind         0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
ypbind         0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
[root@amachan-nfs ~]# chkconfig rpcbind on
[root@amachan-nfs ~]# chkconfig nfslock on
[root@amachan-nfs ~]# chkconfig nfs on
[root@amachan-nfs ~]# exit
logout
Connection to 10.0.1.30 closed.


→centos7(nfs-client設定)
[root@amachan-nfs ~]# uname -n
amachan-nfs

[root@amachan-nfs ~]# yum -y install nfs-utils
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.riken.jp
 * extras: ftp.riken.jp
 * updates: ftp.riken.jp
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ nfs-utils.x86_64 1:1.3.0-0.21.el7_2.1 を インストール                                                                                                                                                                    18/18 

インストール:
  nfs-utils.x86_64 1:1.3.0-0.21.el7_2.1                                                                                                                                                                                                       

依存性関連をインストールしました:
  gssproxy.x86_64 0:0.4.1-8.el7_2         keyutils.x86_64 0:1.5.8-3.el7          libbasicobjects.x86_64 0:0.1.1-25.el7    libcollection.x86_64 0:0.6.2-25.el7    libevent.x86_64 0:2.0.21-4.el7         libini_config.x86_64 0:1.2.0-25.el7   
  libnfsidmap.x86_64 0:0.25-12.el7        libpath_utils.x86_64 0:0.2.1-25.el7    libref_array.x86_64 0:0.1.5-25.el7       libtalloc.x86_64 0:2.1.5-1.el7_2       libtevent.x86_64 0:0.9.26-1.el7_2.1    libtirpc.x86_64 0:0.2.4-0.6.el7       
  libverto-tevent.x86_64 0:0.2.5-4.el7    quota.x86_64 1:4.01-11.el7_2.1         quota-nls.noarch 1:4.01-11.el7_2.1       rpcbind.x86_64 0:0.2.0-33.el7_2.1      tcp_wrappers.x86_64 0:7.6-77.el7      

完了しました!

[root@amachan-nfs ~]# mkdir /mnt/nfsdata

[root@amachan-nfs ~]# vi /etc/fstab 

[root@amachan-nfs ~]# mount /mnt/nfsdata

[root@amachan-nfs ~]# nfsstat -m
/mnt/nfsdata from 10.0.1.30:/exports/data
 Flags: rw,relatime,vers=4.0,rsize=131072,wsize=131072,namlen=255,hard,proto=tcp,port=0,timeo=600,retrans=2,sec=sys,clientaddr=10.0.1.40,local_lock=none,addr=10.0.1.30

[root@amachan-nfs ~]# cd /mnt/nfsdata/

[root@amachan-nfs nfsdata]# touch test
[root@amachan-nfs nfsdata]# ls
test
[root@amachan-nfs nfsdata]# ll
合計 0
-rw-r--r-- 1 nfsnobody nfsnobody 0 11月 28  2016 test
[root@amachan-nfs nfsdata]# exit
ログアウト
Connection to 10.0.1.40 closed.

→centos6.8(nfs-server)でちゃんとnfs領域にデータが書かれてるかチェック

amachan-macbook$ ssh -l root 10.0.1.40
root@10.0.1.40's password: 
Last login: Tue Nov 22 11:42:56 2016 from 10.0.1.5
[root@amachan-nfs ~]# ssh -l root 10.0.1.30
root@10.0.1.30's password: 
Last login: Mon Nov 28 23:31:07 2016 from 10.0.1.40
[root@nfs01 ~]# ll /exports/data/
合計 0
-rw-r--r-- 1 nfsnobody nfsnobody 0 11月 28 23:56 2016 test

→それではさよならーさよならー
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ひとまえで泣くやつってきもいよねw どんだけ自分が可愛いだwww

最近、大好きな人の最後を知る場面がありました。
私の人生の中でとても影響を受けた人で、いろいろつらかった時に、居場所を与えてくれた人でした。
だから自ずと周りにいた人も最高な人たちでね。「あまちゃんキター、おかえりー」って言われて嬉しくってね。
あったかい酒場で最高の時間で。時を経て、お店を手伝ったり、その仲間になれたことが嬉しくってね。
だって、あんまりないよね。大人になってからバカが言える仲間に出会えるなんて。

そのことを照れくさくて本人には言えなかった。
だからこそ、こうやって匿名でブログ書いて言えることもあるんです。便利。

かあちゃんが亡くなったらこんなもんじゃないんだろうけど、拠り所にしていた人がいなくなった時の心虚しさってやつ。

今は仕事がめっちゃ忙しくってね。それでもその人気店を、その店長の心意気を組んで、最後まで有志でクローズまで盛り上げようって。誰かのために頑張るなんて、青春じゃあないかー。

火葬場に行くこともできないほど、客からレビューや会議で呼び出される感じ。
21時からようやく解放されて設計だったりドキュメントを作って終電で帰る。
仕事は好きなんだけどさ。尊敬している人の葬式にも出れないって、因果な商売です。

まあ、土日はさんざん病室ではなしたものね。最後の日も。

頭を冷やしたくて外の喫煙室でタバコを吸いに。何日か振りにツイッターを見る。
今日は久しぶりに晴れてね。雲ひとつない冬の暖かい青空。
そんな中、みんながゆっくりとした青い空と故人を重ねている。

そういえば親父が亡くなった時も帰れなかったな。
仕事は好きではないけど、俺しかできないんであれば仕方がない。

せめてお通夜やってくれればさ、時間のある夜中はお線香番をやってもよかったんだよー。

土曜日は家で事務処理、夜は酒場でお店の最後まで料理を作ったり酒を出す。朝までなんてことも。日曜日は会社で失敗寸前のプロジェクトの巻き返しのためのテスト検証。。どっかーんw
もうくったくた。

もう解放してほしい。お店が終わる日が近づくことを少し待ち遠しくなってしまっている。
そして最後の日。

常連さんが集まって、ねぎらいのシャンパンを開けて、「ありがとう」「おつかれさん」って掛け声がかかる。
今はスタッフとなった仲間で乾杯をする。初めて乾杯の意味を知った気がしました。

そして、あらためて、
みんなが集まれる場所を提供してくれた店長の人柄と、もうここにいる人たちと昔のようには集まれない。もしかすると最後かもしれない。


ふと思い出したのは、週末必ずなんか買って病室に見舞いに行って愚痴をきいてもらってたこと。
甘いものとか食べ物を持って行っては怒られる。
たまたま花を持って行った時ね、絞るような声で「やっと見舞いらしいもの持ってきた」って褒められたこと。

俺が思ってたのは、これ食って元気になってよってことなんだ。だって全然飯食ってないじゃん。。
こんなこと思うなんて、やっぱり最後にお店にきてくれたんだね。
明日一番に設計レビューがある私は、そっとお店を後にしました。
お世話になりました。そしていろんなことに一区切り。

すんごい個人的なだれも共鳴できない話をしたんだけどね。ごめんなさいwww

想い出ってものがあってね、その場所は世界で一番だ!って信じてやまなかったわけ。そこには戻れないんだって思った時、あふれそうな寂しさってのが襲ってくる。

まだ亡くなった感じがしないんだけど、あなたのために泣けることができて本当によかった。



 Solitaire - Carpenters



Amy Winehouse - Will You Still Love Me Tomorrow
 

Adele - to make you feel my love 







 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

検証記録

すっげーはまったんだ。だからメモ程度の内容かいときます。CentOSと同じじゃないdebian系OSは権限とかほんと違うね。Linuxもヨチヨチ歩きな私には敷居が高かったですし、CentOSのそれとは多少ちがうので余裕のある方はご参考にしてくださいw

わたくしという青二才が行った検証や手記が、皆様の環境にオキマシテモ期待ドオリニナリマスコト、(因果交流電燈のひとつの青い照明)の下で、わたくしと皆様の心象スケッチが描けますことネガッテオリマス。

インストール
https://www.zabbix.com/documentation/2.2/jp/manual/installation/install_from_packages

# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/ubuntu/pool/main/z/zabbix/zabbix-agent_2.2.8-1+precise_amd64.deb
# dpkg -i zabbix-agent_2.2.8-1+precise_amd64.deb
# apt-get update

動作しているので確認

# /etc/init.d/zabbix-agent status
 * zabbix_agentd is running

FW設定をしっかりしている場合はポート10051を許可してください。

設定ファイル修正をします。Linuxとおなじ。
vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf

設定ファイル修正
vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf

Server=(Zabbix サーバの IP アドレス)
Hostname=(Zabbix エージェントのホスト名) ← Zabbix サーバ上の設定と合わせる必要があります
ServerActive=(Zabbix サーバの IP アドレス)
 AllowRoot=1 ← root権限で実行できるように値を1にして設定する。

AllowRoot=0

↓↓↓
AllowRoot=1

サービス自動起動設定(新規インストール時のみ)

update-rc.d zabbix-agent defaults
System start/stop links for /etc/init.d/zabbix-agent already exist.

設定変更後のサービスリスタート
/etc/init.d/zabbix-agent restart

ホスト側でエージェント登録する際はLinuxとほぼ同じですが、必須が2つあって
・Debianのテンプレはないですので適当なテンプレをつけました。
・必須なのですが、ホスト名はしっかり名前解決に関連することを記載しないと登録ができないですね。ホスト名のところにはIPではなくてホスト名です。
その際名前解決は不要でした。

監視データ→最新データ
a.png

監視設定

正規表現の作成
管理 -> 一般設定 -> 右端のプルダウン -> 正規表現 -> 正規表現の作成

名前:ここでは"usyslog"にしました。
条件式 :panic|emerg|alert|crit|err|PANIC|EMERG|ALERT|CRIT|ERR ※任意
条件式の形式 :結果が真
大文字小文字を区別 :いいえ ※この条件だと「いいえ」にしても大文字小文字が区別されないので注意
image

テスト文字列へ条件式で設定した文言のうち例として「err」を入力し、テスト条件式をクリックし確認する。
最終結果が真であれば動作OK

アイテム設定
設定 -> テンプレート -> <任意のテンプレート>のアイテム -> アイテムの作成

名前 :ログ監視(/var/log/syslog)※任意
タイプ :Zabbixエージェント(アクティブ)
キー :log[/var/log/syslog,@usyslog]
データ型 :ログ
更新間隔(秒) :10 ※任意
ヒストリ保存期間:90 ※任意

image

トリガー設定
設定⇒テンプレート⇒"Template OS Linux"欄の"トリガー"

名前 :syslog(/var/log/syslog) on {HOST.NAME}
条件式:({テンプレート名:log[/var/log/syslog,@usyslog].iregexp(@usyslog)})#0&({テンプレート名:log[/var/log/syslog,@usyslog].nodata(300)})=0
深刻度:※適宜

image

ログが検知確認
Ubuntuサーバでロギングテストを実施

# logger -p user.err "error"

61854bcd-a178-af55-99de-0b1db22d0c3a.png

以上



🌟ちょっとでもあなたの仕事の役に立つページであったなら、ここをクリックしてくれるとまた頑張れるんだ。



 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

The Beatles - Let It Be



Like a Rolling Stone- Bob Dylan
My back page - Bob Dylan


Roberta Flack-Ballad of the Sad Young Men



The Rolling Stones - Jumpin' Jack Flash


jimi hendrix - voodoo child


Aretha Franklin ~ I Say a Little Prayer



はっぴいえんど ー 風をあつめて





Led Zeppelin - When The Levee Breaks 




sarah vaughan - A Lover's concerto



Feeling Good - Nina Simone



Carole King - Home Again




Joni Mitchell - Both Sides, Now
 



The CARPENTERS - I Won't Last A Day Without You




Stevie Wonder - I Can See the Sun in Late December





Band on the run Paul Mccartney & Wings 



Billy Joel - Just The Way You Are



Tom Waits - Tom Traubert's Blues


Cyndi Lauper - True Colors



Michael Jackson - Heal The World




Madonna - Hung Up
 


Radiohead - High & Dry



Beck - Devils Haircut


Sheryl Crow - All I Wanna Do



Sade - By Your Side



Mary J. Blige - Beautiful Ones



Lauryn Hill - Lost Ones




Norah Jones - Don't Know Why



Amy Winehouse - Rehab



Adele - One And Only




椎名林檎 - ありあまる富



ハナレグミ - 家族の風景

https://geo.itunes.apple.com/jp/album/jia-zuno-feng-jing/id720363815?i=720364416&mt=1&app=music


D'Angelo and The Vanguard - Really Love



Musiq - Just Friends (Sunny)


ANGIE STONE - "No More Rain (In This Cloud)"






🌟ちょっとでもあなたの音楽大好き心をくすぐるページであったなら、ここをクリックしてくれるとまた頑張れるんだ。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

おれのライフキーパーになってくれないか

CLUSTERPROでだいぶ飯を食ってきた私。ここへきて案件でLifeKeeperでHAする機会がありました。こういう製品構築ってのはすぐ忘れちゃうから、クラスタ構築案件あれば手伝わせてくださいw

なんてことで、サクッと手順洗い出しの検証はしておきたいと思うのは私だけではないはず。以前は「どんな目的で使うの?買ってくれるんだよね」的なものがあったりして敷居が高かったんですが、完全にトライアル版のダウンロードができるようになりました。これで現場でおろおろすることもないでしょう。まあ一番の肝であるマルチデバイスパスとかDBの検証は、検証環境ではできなそうですけど、共有ドライブの引き継ぎ確認などはiSCSIで接続してマウントポイント・・とかで検証できそうですね。
http://sios.jp/bcp/lkv9/trial/
この評価版に添付のガイドも秀逸なんで誰でもサクッと始められます。
んじゃそのガイドみればいいじゃん!って思うかもしれませんが、GUI操作の説明しかないため、コマンドでフェイルオーバーしたいとおもいますよね?

評価版のガイドに従い、httpdを保護リソースとしてクラスタリングを作成しております。 

フェイルオーバー(フェイルバック)のコマンドリファレンス

・実行する際はクラスタスタンバイ側でキックしてくださいね。そいえばコマンドにリストアって書いてありますね。
・rootでやらないと失敗しますよ。sudoでできたっけか?まあ失敗しても怖くないから
・コマンドの書式は
$ perform_action -t apache-etc.httpd -a restore
そうですね、「apache-etc.httpd」がターゲットリソース名です。複数あるリソースの中で何故これか?
まあ、どれを指定しても依存関係によって順番で落としてくれるみたいなんですが、どこの有識者に確認しても、最初に落とすべきリソースを指定するらしいです。
このマニュアルでいう依存関係の順番でいうと、
レプリケーションを停止⇒ドライブマウント解除⇒VIP解放⇒apache停止
の流れになります。まあ安全にリソースを停止するという意味では辻褄はあっていますね。
フェイルオーバー先で再開する際も、
レプリケーション開始⇒マウント⇒VIP付け替え⇒apache開始
という流れになります。

それではさっそく実施してみましょう。

sub.failover_start
[root@lk01 ~]# perform_action -t apache-etc.httpd -a restore
BEGIN restore of "datarep-DR"
/dev/sda2 is configured to be mirrored using /dev/md0
/dev/md0: merging bitmap from target "lk02"
/dev/md0: bitmap merged, resyncing 0.0 B
Partial resynchronization of component "/dev/nbd1" has begun for mirror "/dev/md0"
END successful restore of "datarep-DR"
BEGIN restore of /mnt/DR
"fsck"ing file system /mnt/DR 
fsck.ext4 -y /dev/md0 
e2fsck 1.41.12 (17-May-2010)
/dev/md0: clean, 13/327680 files, 55902/1310720 blocks
mounting file system /mnt/DR 
mount -text4 -orw,barrier=0 /dev/md0 /mnt/DR 
File system /mnt/DR has been successfully mounted. 
END successful restore of /mnt/DR
BEGIN restore of "ip-192.168.33.100"
END successful restore of "ip-192.168.33.100"
LifeKeeper: RESTORE: APACHE: RESTORING apache-etc.httpd TO SERVICE START AT:
    2016年 6月 8日 水曜日 17:12:45 JST
httpd: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 192.168.33.11 for ServerName
LifeKeeper: RESTORE APACHE RESOURCE apache-etc.httpd END err=0 AT:
    2016年 6月 8日 水曜日 17:12:48 JST

おまけでステータスチェック方法も載せます。
実行しているサーバ上のSTATE欄で各クラスタリソースがISP(起動)/OSU(停止)であることを確認するわけですね。

sub.cluster_status_check
[root@lk01 ~]# lcdstatus -q
LOCAL    TAG                 ID                                        STATE     PRIO  PRIMARY
lk01     apache-etc.httpd    apache-etc.httpd                          ISP          1  lk01
lk01      ip-192.168.33.100  IP-192.168.33.100                         ISP          1  lk01
lk01       /mnt/DR           /mnt/DR                                   ISP          1  lk01
lk01        datarep-DR       SATA_VBOX_HARDDISK_VBd61b7a23-183fb23c-2  ISP          1  lk01

MACHINE  NETWORK ADDRESSES/DEVICE             STATE     PRIO
lk02     TCP     192.168.33.11/192.168.33.12  ALIVE        1
lk02     TCP     172.16.0.11/172.16.0.12      ALIVE        2

あ、どうせならログの場所なんかも載せましょうかね~
何が便利かというと、このフェイルオーバコマンドを実行している側では画面に状況が表示されるのですが、実行していない側ではよくわからないので、裏の動きを見たいよねってだけなんですがね。

sub.status_log
[root@lk01 ~]# tail -f /var/log/lifekeeper.log

これを仕込んでおけばリアルタイムで画面上でログ確認できますね。 

それでは、さいなら、さいなら

🌟ちょっとでもあなたの仕事の役に立つページであったなら、ここをクリックしてくれるとまた頑張れるんだ。




 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ